1960年代のロンドン。モーターサイクルとロックにハマる若者たちは、自慢の革ジャンに身を包み、リーゼントで極め、カフェレーサーと呼ばれる当時のレーサー風にカスタムしたバイクで街を流していた。そんな彼らはロッカーと呼ばれ、モッズと並んで不良少年たちの憧れの存在になっていた。
そのロッカーの中でもずば抜けた速さを持った男、ボニー。そして彼と対立するグループのリーダー、ドトキン。彼らは命を賭けたレースで事故死するが、なぜか現代の日本に生まれ変わっていた。ただし、それぞれの愛車と合体した人車一体の姿で・・・・。

ロックの神の気まぐれによってバイク人間になった男

ロックンロールを愛する中年男本木“ファッツ”ひろみが経営する鐵工所。
そのガレージに大切に保存されていた一台の古いトライアンフ。実はこのトライアンフこそ、ロックの神?の気まぐれなマジックによって、バイク人間(バイクと合体した姿)として生まれ変わったボニーなのです。

トライアンフのヘッドライトが顔になり、頭からミラーがにょーんと飛び出る描写は、バカバカしさを通り越して吹き出してしまうほどの滑稽さ。ちなみにチェーンはアキレス腱だそうですw。

画像: (モンローウォークのようにくねくね曲がってコーナーを駆け抜けることから)モンローライドと異名をとるボニー。

(モンローウォークのようにくねくね曲がってコーナーを駆け抜けることから)モンローライドと異名をとるボニー。

画像: レースに向かうボニー(トライアンフ)とライバルのドトキン(ノートン)。まさか直後に命を落とすとは思いもよらず

レースに向かうボニー(トライアンフ)とライバルのドトキン(ノートン)。まさか直後に命を落とすとは思いもよらず

画像: 旧いトライアンフが人間に変化・・・

旧いトライアンフが人間に変化・・・

画像: 人車一体の姿で生まれ変わったボニー。トライアンフと一体化しています。

人車一体の姿で生まれ変わったボニー。トライアンフと一体化しています。

数十年の刻を隔てて続く抗争の行方は??

覚醒したボニーは、ファッツことひろみの家の居候になりますが、次女の高校生リカコとそりが合わず、何かとトラブルを起こします。

そして、彼とのレースでやはり命を落としたはずのドトキンまでが、バイク人間として蘇り、ボニーとの決着を迫ってくるにあたって、物語は大活劇の様相を示していくのです。

画像: ドトキンもまた、人車一体のバイク人間として日本に生まれ変わっていた。ちなみに彼はノートン

ドトキンもまた、人車一体のバイク人間として日本に生まれ変わっていた。ちなみに彼はノートン

本作は、カフェレーサー好き、革ジャン好き、ロック好きならたまらない作品だと思います。
荒唐無稽の話でありますが、わずか4巻というちょうど良い長さ(短さ?)も手伝って、疾走感のある、二人のロックとバイクの精霊のような男たちの、刻を超えた抗争が激しく展開する様は、実に爽快です。

そして、最後にボニーを憎悪し、その存在を抹消しようと挑んでいたはずのドトキンが、ボニーを讃え、二人が一つの存在へと昇華していく流れは、圧倒的な男臭さ。
思わずニヤリとしてしまう人は多いことでしょう!

画像: ノートンとトライアンフの合体した一台=トライトン。

ノートンとトライアンフの合体した一台=トライトン。

This article is a sponsored article by
''.