ロレンス編集部の私欲物欲公開連載「コレがしたいアレが欲しい」、本日はSaoriが担当いたします。今年も暮れが迫ってきていますが、とにかく寒くてわたしはもうオフトゥンから出られません。そんな時期は毎年趣味が男子化します。というわけで、映画・漫画・ゲームの3つをご紹介。

ホラーなんかより何百倍も怖い、でもヒリヒリと込み上げるものがありそうな、とんでもない映画が来たっぽい。

映画「暁(あかつき)に祈れ」が2018年12月8日公開。2017年にカンヌ国際映画祭にも出展され、さらに超辛口映画評論サイトとして知られるロッテン・トマトでは96%もの高評価を得ている注目の作品です。ご存じですか?

本作は、書くのも怖くなるようなあんなことやこんなことが蔓延する実在のタイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がったイギリス人ボクサーであるビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説がベースとなっています。

画像: 主人公ビリー(この作品のために何ヶ月もかけてゴリゴリのマッチョに仕上げてきた役者魂に乾杯!な、ジョー・コール) youtu.be

主人公ビリー(この作品のために何ヶ月もかけてゴリゴリのマッチョに仕上げてきた役者魂に乾杯!な、ジョー・コール)

youtu.be

そしてロケ地は本物の刑務所、囚人役はガチの元囚人、エキストラにいたっては本物の囚人が3000人(!)も登場するイカツイ作品。一方で、主役を務めるのはジョー・コール。ダニエル・クレイグやコリン・ファースなどを輩出した名門ナショナル・ユース・シアターで演技を学んだ実力派のジョーは、いま最も今後の活躍が期待される英国出身の若手俳優で、"ポスト"トム・ハーディとの呼び声も高いスゴイ人なのです。

画像: 右の人はビリーが収監された囚人部屋のリーダーですが、演じた俳優パンヤ・イムアンパイの顔面タトゥーは過去に8年間の強盗刑で服役しながら刑務所でいれたもの(ガチのやつや・・・) youtu.be

右の人はビリーが収監された囚人部屋のリーダーですが、演じた俳優パンヤ・イムアンパイの顔面タトゥーは過去に8年間の強盗刑で服役しながら刑務所でいれたもの(ガチのやつや・・・)

youtu.be

ストーリーはこんな感じ。
若い頃から札付きの不良だった主人公のビリー・ムーアは、人生の再スタートを切ろうとタイに降り立ちますが、麻薬中毒に陥り逮捕されてしまいます。収監されたのは地獄のような刑務所。それでも日々なんとか生き延びるものの、悪徳な看守が差し出すクスリと引き換えに他の囚人のリンチを請け負うなど、その堕ちぶれっぷりには拍車がかかるばかり。
そんなある日、ムエタイチームに所属する囚人選手達の姿を見かけたことをきっかけに加入を決意したビリーは、懇願を重ねてチームへの所属の許諾を得ます。生まれ変わったように練習に励む彼が行き着く先はーー?

画像: youtu.be
youtu.be

地獄に落とされたアウトローが人間性をはく奪されながらもムエタイを通じて光を見出していくという、凶暴かつ獰猛、でもその人間臭さとその先に待っているであろう感動をこの目で見ずにはいられない!と、今なかなかに気になっている作品です。

・・・でも普通に「ヴェノム」とか「ファンタビ」とかも観たいんですけどね。

ちなみに、ラストではビリーの父親役として原作者本人が登場するという隠れポイントもあり。要チェックですよ!

画像: 【ロッテントマト驚異の96%髙評価!】映画『暁に祈れ』12月8日(土)全国ロードショー【絶望を越えろ!】 youtu.be

【ロッテントマト驚異の96%髙評価!】映画『暁に祈れ』12月8日(土)全国ロードショー【絶望を越えろ!】

youtu.be

▶︎▶︎おもしろすぎて数多くの廃人を爆誕させてきた、罪な人気RPGがオンラインゲームになって登場。やりたい・・・▶︎▶︎

This article is a sponsored article by
''.