プジョーモトシクルのラインアップに『シティスター』っていうスクーターがあるのをご存知ですか? このバイク、125ccなのに全長が約2メートルもあるんです。もはや250cc以上にしか見えない偉そうなスタイル。原付二種ATで女性をタンデムに誘うなら、これ以上はありません。

デカい=カッコいい!

CITYSTAR 125 BLACK EDITION ABS

プジョーの125ccの大人気モデルといえばレトロスタイルのジャンゴですけれど、実はもうひとつ、キャラが濃い個性派125ccスクーターがあります。

それが全長1985mmという125ccとしてはかなりのビッグサイズを誇るシティスター

ついに国内販売がスタートしました!

画像: プジョー/スピードファイト R-CUP

プジョー/スピードファイト R-CUP

ちなみにボディサイズの話だと、コンパクトでエッジの効いた走りが自慢のスピードファイトが全長1,895mm × 全幅700mm × 全高1,150mmですが……

シティスターは全長1,985mm × 全幅750mm × 全高1,300mm

全長で約10cm大きく、全高でも15cm高いんです。

画像: DJANGO 125 EVASION ABS

DJANGO 125 EVASION ABS

実車をみると、けっこうボリュームのあるジャンゴでさえ全長1,925mm × 全幅710mm × 全高1,190mm

ジャンゴでも充分にボリュームがあるのに、シティスターはさらにひと回り大きく感じます。

画像1: デカい=カッコいい!

バイク乗りの感覚で見れば、誰だって250ccクラスにしか思えない。

バイクにあまり興味がない人が見たら、純粋に「大きいバイク」と感じるはずです。

この大きさ、つまり『車格』から放たれる偉そうオーラが半端じゃないんです!

実際に身長165cmの女性が跨るとこんな感じ。まったく125ccに見えません。

ちなみに身長176cmの男性が跨ってみても……

画像2: デカい=カッコいい!

ご覧のとおり!

これは間違っても125ccだと思われないでしょう。

だからこそ! なのですが、シティスターは女性をタンデムに誘うなら最強だ!と思うんです。

原付二種で最強に『モテる』と感じる理由

画像: 原付二種で最強に『モテる』と感じる理由

最大の理由は言ったとおり、もちろん車格です。

やっぱりデカいバイクって、無条件に迫力と高級感がありますから。

それに、すべての女性がそうではありませんが『初のドライブデートに彼氏が軽自動車で迎えにきたらガッカリする』なんていう話もあります。

でもシティスターなら大丈夫な理由が他にもあります。

This article is a sponsored article by
''.