恒例の月イチの「物欲企画」ですが、あれやこれやで出費が多くて手元不如意・・・。というワケ? で、物欲を滅して空即是色色即是空の日々を送らないといけないのですけど・・・。まだ物欲という、俗世との関わりから解脱できない私がここにいます?

前回の公約? は果たしました?

前回の物欲企画で、新しいトランスポーター(バイク運搬用)が欲しい・・・的なハナシをグダグダと書き連ねた私ですが、結局のところ現在の愛車のトヨタ・ハイエースワゴン改(100系)の車検を通すことにしました。跳ね石で割れたフロントウインドウを交換したり、不具合の修理を伴ったのでかなり出費が・・・。25万kmオーバー走行のポンコツにお金かけるのも酔狂なことかもしれませんが、ボロはボロなりに、長年連れ添ったことに由来するそれなりの愛着もあるのですよ・・・。

前回のいきさつは、↓ コチラの過去記事をご参照ください。

さて、過去の物欲企画では取り上げたもので購入したのはひとつもなかったのですが(苦笑)、前回紹介したデイトナ製の「ハンドルサブベルト(77312)」は初めて購入しましたよ! 過去取り上げたものの中では最安値(1,500円・税別)ですし、ちょうど愛用している通販サービスのポイント期限が近づいていたこともあったので・・・。

ただ、ハンドルサブベルト・・・実際に使ってみるとウチのトランポのフックの位置的問題から、タイダウンベルトの角度的にちょうどいいところにアジャストするのが難しかったです。そして結局その後も、昔ながらのサブベルトを愛用しております・・・という情けないオチでした(苦笑)。もっともこれは私のトランポでの問題なので、基本的には便利に使えるアイテムだと思います。

画像: 前回の物欲企画で紹介し、その後購入したデイトナのハンドルサブベルト(77312)。 価格は¥1,500(税別)です。 www.naps-jp.com

前回の物欲企画で紹介し、その後購入したデイトナのハンドルサブベルト(77312)。 価格は¥1,500(税別)です。

www.naps-jp.com

実用性中心に考えてみました?

・・・というわけで、好き勝手に使えるお金があまりないと、自然の摂理? か物欲ってそんなにわいてこないんですよね・・・。ロレンス編集部で結婚しているのって私だけなので、独身貴族的なマインドをとっくに失っちゃっていることもあるのかもしれないですけど・・・。

お金がない・・・という前提で欲しいものを考えると、自分の仕事に関連した、お金を生むためのツール・・・みたいなものしか頭に浮かんでこなくなりますね(貧すれば鈍する?)。

30年弱2輪雑誌の仕事をしてきた私ですが、昔から「晴れ男」でロケ仕事でレインウェアを着用することってかなり少ないことを密かな自慢? にしていました。でも近年は神通力? が薄れたのか、ロケの移動中にレインウェアを着る機会が増えてきたような気がします・・・。

最近は試乗してインプレ書く仕事も少なく、よしんばインプレ書く仕事の時も撮影時はレインウェアを着用することはまずないので、あまり気にすることではないのですけど・・・20年以上使い続けているレインウェアがかなり見た目がみすぼらしくなっているので、人前で披露することが少々気恥ずかしくなっているのも事実です。

若い頃はこだわって、洋物の「ルッカ」とかを買ったりしましたが、今は先述のとおり誌面にレインウェア姿を披露することもまずないので、とりあえず実用性とコスト重視で選んでもいいかな? なんて思ってます。そこで興味があるのが、作業服の雄! ワークマンの製品です。

画像: www.workman.co.jp
www.workman.co.jp

耐水圧15,000mmで5,800円(税込)! こりゃ何の文句もないですね! 1年前ちょい前に仕事で、マイナス20℃! の真冬の米イエローストーン国立公園をロケする非バイク系の仕事に出かけたのですが、そんな過酷な環境でも問題なくワークマン製品は使えたんですよ! 基本、山装備で完全武装したのですが、観光客が歩くような整備されたコースではワークマンの防寒ブーツが具合良かったんですよね・・・。スノーシューを組み合わせて履いて極寒の雪山10km以上歩きましたが・・・数千円で実用性十分! 惚れました!

画像: 昨年1月におとずれた、イエローストーン国立公園へのエントラントとなる町、ジャクソン市街地近くの国立エルク保護区。日本から行くのは結構大変ですが、一生に一度はイエローストーンに行くことをオススメします! 春〜秋は宿の確保が超難しいので、冬は狙い目です! ©︎ミヤケン

昨年1月におとずれた、イエローストーン国立公園へのエントラントとなる町、ジャクソン市街地近くの国立エルク保護区。日本から行くのは結構大変ですが、一生に一度はイエローストーンに行くことをオススメします! 春〜秋は宿の確保が超難しいので、冬は狙い目です! ©︎ミヤケン

そんな経験から、ちょっとワークマンに好感を覚えているので、試しにこのレインウェア買ってみようかなんて思ってます。5,800円なら、気の利いた飲み屋で飲んだらあっという間になくなる額ですから(苦笑)。今年は6月に梅雨明け! という異常気象ぶりですが、レインウェアは一年中お世話になるものですからね。気になるのはどれくらいコンパクトになるか・・・ですけど、それはお店でチェックしてしてみようと思います。

This article is a sponsored article by
''.