長年勤めてきたテレビ局を辞め、自由な生活を求めてほぼ廃墟化したカフェを借りて住み着いた松ちゃん。いい歳をして人生に迷うけれど、なんとなく漫画家を志してみたりもしている。
Mr.Bike BGで大好評連載中の東本昌平先生作『雨はこれから』第32話「サカ上がりの宿題」より
©東本昌平先生・モーターマガジン社 / デジタル編集 by 楠雅彦@ロレンス編集部

息子くらいの若僧に軽いあしらいを受ける松ちゃん・・・

その日、私は機嫌が悪かった。いや、運が悪かったのか。
いつものハーレーではなく、修理を終えたばかりの(先日リョウとの大人気ないバトルで壊しちまった)GPZ900Rを使っていたのだが、それがよくなかったのか??

久々に出版社に行くと、担当が若僧にかわっていた。あの女性編集者が匙を投げた、ということらしい。

画像1: 息子くらいの若僧に軽いあしらいを受ける松ちゃん・・・

森川と名乗ったその若僧は、私の原稿を適当に読むと、無造作に机に置いてこう言った。
「こういうハナシも好きなんですがねェ・・・実は今将棋にはまっていましてネ」

早い話が自分が考えたネタで漫画を描け、ということらしい。
こいつの父親は、私より10歳も年下だという。私は腹が立ってくるのを抑えられなかった。

画像2: 息子くらいの若僧に軽いあしらいを受ける松ちゃん・・・

くたびれた年輩の男に絡まれる松ちゃん・・・

憤懣やるかたない思いで出版社のビルを出ると、後ろから「松ちゃんじゃないか」と声をかけられた。学生時代から知っているその男は、この出版社の専務だ。
「バイク置いていっぱい付き合え」と誘われた私は、彼とともに居酒屋に向かった。

聞けば彼は今月で定年退職するという。この出版社に原稿を持ち込んでいたのも、この男を頼りにしていたからだ。若僧にあしらわれたばかりの私は落胆を隠せなかった。
すると、突然後ろから罵声が飛んできた。

けっ昔バナシばっかかよ!

ふりむくと見知らぬ男が立っていた。私と同じくらいの、くたびれた年輩だった。

「マジメに働きもしねェでエッラそうにィ!」と男は怒鳴りながら私に絡んできた。
いきなり決めつけられて驚いたが、どうやら私の風体がそう言わせているらしい。

画像1: くたびれた年輩の男に絡まれる松ちゃん・・・
画像2: くたびれた年輩の男に絡まれる松ちゃん・・・

馴染みのカフェのマスターの一言に救われる松ちゃん

くだらない酔客とのいざこざは思いがけず警察沙汰になった。
先に手を出したのは相手だったから、私たちにはお咎めなしだったが、一晩中調書をとられて、解放されたのは結局明るくなってからだった。

若僧の次はおっさんか・・・「飲み直すか?」と誘ってくれた専務には悪いが、私にはもうその気力がなかった。疲れ切った私はその足で馴染みのカフェ炉煎に向かった。

災難だったね、と慰めてくれたマスターに、私は思わず愚痴をこぼした。「なんか虚しいと思っちゃってサ」

するとマスターは、ほーっと笑った。「松ちゃんの口からそんな粋なセリフが聞けるとはね」

よせやい、いまは揶揄われて笑える心境じゃあないんだ。私はマスターの軽口に若干ムッとしたが、結局マスターとの会話で落ち着きと平安を取り戻していった。

え?どんなことを言われたかって?
そんなことは問題じゃあないのさ、要はマスターとの時間が楽しかった、ただそれだけのことさ。

画像: www.motormagazine.co.jp
www.motormagazine.co.jp
画像: 馴染みのカフェのマスターの一言に救われる松ちゃん

This article is a sponsored article by
''.