今年のSBK(世界スーパーバイク選手権)第3戦、アラゴンラウンドが週末行われました。回転数制限など新しいルールで行われる今期ですが、やはり強いのは緑、そして赤のファクトリー・・・ですかね?

L.キャミア(ホンダ)大怪我で戦線離脱・・・

週末のアラゴンで、予選のスーパーポールまで好調だったのは、ドゥカティのマルコ・メランドリでした。しかしレース1は波乱の展開で、レオン・キャミア(ホンダ)、ジョルディ・トーレス(MVアグスタ)、ロレンツォ・サバドーリ(アプリリア)が絡む激しいクラッシュが3周で発生! レッドフラッグが出されてレースは中断します。

画像: レース1の再スタートで、J.レイ(カワサキ)はペースを掴みます! www.worldsbk.com

レース1の再スタートで、J.レイ(カワサキ)はペースを掴みます! 

www.worldsbk.com

残念ながらキャミアは複数箇所の骨折と肺挫傷で戦線離脱・・・今後の復帰がいつになるか心配ですね・・・。再スタート後は3連覇中の絶対王者ジョナサン・レイがレースを引っ張り、メランドリ、チャズ・デイビス、シャビ・フォレスのドゥカティ3台、そしてヤマハのアレックス・ローズがその後を追う展開に・・・。

序盤ローズ、そして中盤フォレスがレイからトップを奪うものの、終始ペースコントロールしていたレイが見事今季2勝目となるゴールを真っ先に駆け抜けました!

レース2は、C.デイヴィスがJ.レイに勝利!

日曜日のレース2は、最初の周はヤマハのマイケル・ファン・デル・マークが首位に立ちました。今季はドゥカティ、カワサキのファクトリー勢に次いで、ヤマハが安定して上位に食い込むようになってきた観がありますね・・・。

画像: レース2、8周目に首位に立ったJ.レイをM.メランドリとC.ディヴィスのドゥカティ2台が追います! www.worldsbk.com

レース2、8周目に首位に立ったJ.レイをM.メランドリとC.ディヴィスのドゥカティ2台が追います!

www.worldsbk.com

その後メランドリ、フォレスにレースリーダーが交代しますが、8周目からはJ.レイがトップに・・・パーフェクトウィンで今季3勝目か・・・と思わせましたが、ドゥカティのC.デイヴィスが14周目に首位を奪い、そのまま勝ちきりました!

SBK アラゴン レース1 リザルト
1 J.レイ Kawasaki GBR
2 C.デイヴィス Ducati GBR 1.450
3 X.フォレス Ducati ESP 1.473
4 M.メランドリ Ducati ITA 6.108
5 M.V.D.マーク Yamaha NED 8.932
4 T.サイクス Kawasaki GBR 9.450

SBK アラゴン レース2 リザルト
1 C.デイヴィス Ducati GBR
2 J.レイ Kawasaki GBR 1.184
3 M.メランドリ Ducati ITA 4.584
4 A.ローズ Yamaha GBR 10.251
5 M.V.D.マーク Yamaha NED 10.687
4 T.サイクス Kawasaki GBR 13.729

今季、第3戦を終了して表彰台のトップに立ったのはJ.レイ、C.デイヴィス、M.メランドリの3人ですが、緑=カワサキと赤=ドゥカティの2大ファクトリーのなかで、トム・サイクスがランキング7位(63点)に沈み、あまり目立たないのが気になります・・・。次戦は直後の4月20〜22日のダッチラウンド(オランダ)です! 今季4人目のウィナーが生まれるか・・・注目しましょう!

2018 SBK ポイントランキング(第3戦終了時)
1 J.レイ     114 KAWASAKI
2 C.デイビス   102 DUCATI
3 M.メランドリ  96 DUCATI
4 X.フォレス   76 DUCATI
5 A.ローズ     70 YAMAHA
6 M.V.D.マーク   67 YAMAHA

This article is a sponsored article by
''.