銀座蔦屋書店が開業1周年記念して、2018年4月17日(火)から5月6日(日)まで「HI-MARKET GINZA -Sense of Tea-」と題したハイセンスな書籍や品々を集めた「知のマーケット」 を開催。おしゃれな予感しかしない…!

第1回目のテーマは「お茶」

第一回目のテーマは「お茶」。 「ダリのTea Party」、 「Japanese Modern」、 「お茶のNew Wave」、 「Tea Market」の4つのキーワードで、古今東西から集めた書物、ポスター、道具などハイセンスな品々が展開されます。

お茶とは味わいです。 お茶とは安らぎです。 お茶をのむ、は話をするという意味でもあります。 お茶をのむ、 はひとやすみして思いにふけるという意味でもあります。 そんなお茶にまつわるハイセンスな物語。

では、4つのキーワードをそれぞれ見てみましょう。

ダリのTea Party

2018年の東京・銀座で、ダリがTea Partyを開いたら…。そんな空想を巡らせながら集めた本や雑貨、 お菓子が紹介されます。 新しくて華やかで、 クレイジーな事が大好きだったダリは、 暮らしを楽しむ達人だったのかもしれません。 ダリと一緒に、お茶で乾杯!

Japanese Modern

日本の伝統的なデザインを大切にしながらも、 現代に合わせて洗練されたデザインのプロダクト(茶葉、 茶木、 お茶菓子など)がセレクトされています。 モダンでスタイリッシュな、 これからの日本の茶文化を牽引するプロダクトたちをぜひご覧ください。

お茶のNew Wave

お茶のニューウェーブ到来!ポップでカジュアルな茶葉や湯呑み、 一輪挿しなどをセレクトし、 「伝統のお茶文化を現代に落とし込んだらこんな感じ!」が提案されます。

Tea Market


世界各国から可愛いパッケージの茶葉とおしゃれな茶器が集められました。日本茶はもちろん、 中国茶やミントティー、 ハーブティーなど見ているだけでワクワクして、 思わず全部欲しくなるようなものばかり。 ティーポットもガラスや陶器など様々なタイプが用意されるそう。

関連イベントも盛りだくさん

イベント期間中は、 ティーマイスター伊藤孝志氏によるトークイベント、 日本茶インストラクターのブレケル・オスカル氏によるワークショップ、 そしてティーグッズが当たるSNSキャンペーンなど、どなたでも楽しめる関連イベントも催されています。

より多くの方々に銀座蔦屋書店をお気に入りの場所に選んでいただけるようにと開催される1周年記念イベント。この機会にぜひ足を運んでみては。

「HI-MARKET GINZA -Sense of Tea-」開催概要

会期 2018年4月17日(火)- 5月6日(日)
時間 9:00~23:30(営業時間)
主催 銀座 蔦屋書店
電話 03-3575-7755

This article is a sponsored article by
''.