日に日に春が近づきつつある今日この頃ですが、北のエリアはまだまだ冬の寒さでしょうね。雪国ならではのエンジン付き乗り物趣味といえばスノーモビルですが、その鼓動感を味わってみたくなる、ハーレーダビッドソンのVツインエンジン搭載スノーモビルをご紹介します。

エンジンは"ツインカム96"をチョイス!

北米はカスタム文化大国・・・といえるほど、あらゆる乗り物のカスタマイズを楽しむ人々がいますが、もちろんスノーモビルもその対象になっています。こちらのハーレーダビッドソンVツイン搭載車は、ショー向けに作られたカスタム・コンペ用の1台のようです。

画像: フロント側からニョキっと突き出たVツインエンジン。「1580」は排気量(cc)をあらわしています。 www.youtube.com

フロント側からニョキっと突き出たVツインエンジン。「1580」は排気量(cc)をあらわしています。

www.youtube.com
画像: 搭載されるのは、2007年登場の「ツインカム96」Vツインです。排気量は1,584ccで、ベルトドライブでジャックシャフトを駆動し、スノーモビル用クラッチをこれに組み合わせています。燃料タンクがちゃんと「ハーレーしてる」のがオモシロイです。 www.youtube.com

搭載されるのは、2007年登場の「ツインカム96」Vツインです。排気量は1,584ccで、ベルトドライブでジャックシャフトを駆動し、スノーモビル用クラッチをこれに組み合わせています。燃料タンクがちゃんと「ハーレーしてる」のがオモシロイです。

www.youtube.com
画像: ギアボックスは6速で、最高速度は時速88マイル! (約142km)です。なかなかのパフォーマンスですね。 www.youtube.com

ギアボックスは6速で、最高速度は時速88マイル! (約142km)です。なかなかのパフォーマンスですね。

www.youtube.com

雪国のハーレーファンのみなさん、1台いかが?

スノーモビルは伝統的に、寒冷地で雪相手ということで2ストロークエンジン主流の時代が長く続きましたが、現代は環境問題などもあり4ストロークのモデルも多くなりました。ともあれいつの時代も、あくまでスノーモビルとしての性能を重視したエンジン型式が選ばれるのが常なのですが、こういうハーレーVツインのようにフィーリングとサウンド重視のエンジンを選択したスノーモビルってのも、アリかなと思いました。

個人的には・・・ぜひハーレーダビッドソンのファクトリーカラーである黒/オレンジでペイントして欲しかったですが・・・(笑)。ぜひ動画で、その走りっぷりをご確認ください!(お手数ですが、他のウェブ等の再生禁止動画なので、フレーム下側のYouTubeアイコンクリックして、YouTube上で視聴お願いします)。

画像: Harley Davidson Powered Vintage Snowmobile youtu.be

Harley Davidson Powered Vintage Snowmobile

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.