第33回サンダンス映画祭(2017年)でUSドラマ・コンペティション部門に出品、その独創的なキャラクターと興味深いストーリーで話題をさらった”Brigsby Bear”(原題)が『ブリグズビー・ベア』の邦題で6月23日(土)に日本公開決定!

大切なことはすべて、「彼」が教えてくれた—

物語は、外の世界から遮断された小さなシェルターで両親と3人だけで25年間暮らしてきた青年、主人公ジェームスが、ある日突然警察に連れ去られるところから始まる。「あなたが一緒に住んでいた男女は25年前にあなたを誘拐したのです」!?

突如、外の世界で“本当の家族”とともに暮らすことになったジェームス。偽の両親によって作られた教育番組「ブリグズビー・ベア」から得た知識だけで育った彼の「常識」が、周囲の人間を騒動に巻き込んでいく…

画像: 6.23公開『ブリグズビー・ベア』劇場ティーザー予告 youtu.be

6.23公開『ブリグズビー・ベア』劇場ティーザー予告

youtu.be

監督はエマ・ストーンの彼氏(!)

監督・脚本・主演は、デイヴ・マッカリー(監督/現在の彼女はエマ・ストーン!)、ケヴィン・コステロ(脚本)、コメディアンのカイル・ムーニー(脚本・主演)。デイヴ、カイルは「サタデー・ナイト・ライブ」で大活躍し、YouTubeでチャンネルが大人気のコメディユニット〈GOOD NEIGHBOR〉のメンバーでもあり、他メンバーもプロデューサーとしてタッグを組んだ本作は、冒頭シーンの『ルーム ROOM』や『10 クローバーフィールド・レーン』のようなサスペンスフルなストーリー展開からは予想できない、『リトル・ミス・サンシャイン』のようなハートウォーミングなエンディングをもたらす。

気になるティザーが本日解禁

今回解禁されたティザービジュアルはイラストレーター・作家など、多彩に活躍するアーティスト、D[di:]が特別に手がけた日本限定のオリジナルイラスト。主人公とその仲間をつなぐ重要なキーとなるキャラクター“ブリグズビー・ベア”をD[di:]ならではの繊細でシニカルなタッチで表現。

予告では、ジェームスが25年間両親だけと過ごした「閉ざされた空間」の一部や、教育番組「ブリグズビー・ベア」の模様、外の世界で出会う仲間たちとの瞬間が切り取られ、これから始まるジェームスの冒険を予感されるものになっている。

画像: 気になるティザーが本日解禁

『ブリグズビー・ベア』
2018年6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか公開

This article is a sponsored article by
''.