歳をとれば誰だって体力がなくなるし、目だって悪くなる。反射神経や運動神経が衰えて、バイクに乗ることができなくなるかもしれない。主人公の老人は、そんな自分の衰えを自覚したのか、バイクを降りる決意をしたのだが、売ろうとしたその愛車を孫娘が乗りたい、という。さて、どうしたものか??
オートバイ2018年4月号別冊付録(第84巻第6号)「Let wind blows」(東本昌平先生作)より
©東本昌平先生・モーターマガジン社 / デジタル編集:楠雅彦@ロレンス編集部

愛車のBRONCOを手放そうと考える老人、それを欲しがる孫娘

わたし、サエ子。弟の周一が大学受験に合格した日、じいちゃんはいつものとおり作業衣で働いていた。じいちゃんは養鶏場を経営してる。

じいちゃんの愛車はYAMAHAのBRONCOという小さなバイクだ。華奢な形と黄色いタンクが可愛くて、結構好き。じいちゃんはこのバイクに乗っては、街に出かけたり、山道を走ったりと、ちょいちょい出かけてたんだけど、寄る年波って言うの?自分で”そろそろ”と思ったのかな、そのバイクを売るつもりだなんて言うの。

その日も、午前中の仕事を終えたじいちゃんは、バイクを出してチョイ乗りにでかけようとしていた。バイク、まだまだ乗りたいんじゃん?
「ホントに売っちゃうの!?」とわたしはじいちゃんに声をかけた。

じいちゃんはなんともいえない表情でわたしを見た。じいちゃん乗らないんなら、とわたしは言葉をつないだ。「サエ子乗りたい!」

うーむ、とじいちゃんは首をかしげる。「かあちゃんに怒られんね」

「平気だってばあ!」わたしはさらに言った。わたしが乗っていれば、いつかじいちゃんがどうしても乗りたくなったら乗れるし、むしろわたしが乗っけてあげることだってできるでしょ。いいアイデアだと思うんだけどな。

ね、じいちゃん?

画像1: www.motormagazine.co.jp
www.motormagazine.co.jp
画像2: www.motormagazine.co.jp
www.motormagazine.co.jp
画像3: www.motormagazine.co.jp
www.motormagazine.co.jp

歳をとればいつかはバイクに乗れなくなるかも。

画像: 旧友(バイク)との別れを決意した老人と、孫娘の話
〜RIDE「Let wind blows」(東本昌平先生)より

そのとき、あなたならどうする?

  • 子供や孫、もしくは若い友人に譲るかな。
  • たとえ乗らなくても身近に置いておく。(ガレージがあればいいけどね)
  • 乗らなくなればバイクが可哀想だから、売るよ。だれかいい人にもらわれたらいいな。
  • 子供や孫、もしくは若い友人に譲るかな。
    54
    600
  • たとえ乗らなくても身近に置いておく。(ガレージがあればいいけどね)
    25
    275
  • 乗らなくなればバイクが可哀想だから、売るよ。だれかいい人にもらわれたらいいな。
    22
    246
画像: 【1997 YAMAHA BRONCO】 セローをベースに DT-1をイメージしたスクランブラー。 前後メッキフェンダーにフロント19インチ、ゼッケン風のサイドカバーでクラシックムードを演出する。 ●エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒 ●排気量:223cc ●最高出力:20PS/8000rpm ●最大トルク: 1.9kg-m/7000rpm ●車両重量:108kg ●タイヤサイズ:2.75-19・120/80-18 ●当時価格:39万9000円

【1997 YAMAHA BRONCO】
セローをベースに DT-1をイメージしたスクランブラー。
前後メッキフェンダーにフロント19インチ、ゼッケン風のサイドカバーでクラシックムードを演出する。
●エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒
●排気量:223cc ●最高出力:20PS/8000rpm ●最大トルク: 1.9kg-m/7000rpm ●車両重量:108kg ●タイヤサイズ:2.75-19・120/80-18 ●当時価格:39万9000円

This article is a sponsored article by
''.