ヤマハ発動機株式会社は、847cm3水冷・直列3気筒エンジンを搭載するロードスポーツのLMWの新製品「NIKEN(ナイケン)」を11月9日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」にて展示されます。なお「NIKEN」は2018年に市場投入予定!

ヤマハ「NIKEN」ってどんな乗り物?

「NIKEN」は、走行環境変化の影響を受けにくく、旋回時の高い安定感を生み出すLMWテクノロジーを搭載し、さまざまに変化する路面や、タイトコーナーが続くワインディングロードを自在に駆け抜ける高いスポーツ性能が実現されています。

また、LMWの基本性能を高める“新ステアリング機構“などの新技術投入により、LMW ならではの安定感に支えられたエキサイティングな走行性、疲労感が少なく余裕ある乗り味、斬新なスタイルなどが、備えられており「NIKEN」は、「TRICITY125」(2014年発売)と「TRICITY155」(2017年発売)に続くLMWの第3弾にあたり、ヤマハの成長戦略のひとつ“ひろがるモビリティの世界”を推進するモデルと言われています。

ヤマハ「NIKEN」の魅力

ヤマハらしい自由な発想と技術で実現された「NIKEN」は、
1.自然なハンドリングを生む新ステアリング機構
2.走りを支えるハイブリッド・フレームと優れたハンドリングを支えるディメンション
3.LMW 用専用開発、15 インチ V レンジフロントタイヤ
4.新メカニズムを活かした躍動感あるスタイリング
5.クランク慣性モーメントを最適化したエンジン、マイルドな FI セッティング
6.快適なツーリングを支援する数々のフィーチャー

ヤマハだからできる、魅力的な技術力。
そんな「NIKEN」が走行している様子を、ぜひヤマハが公開している動画で実感して見てください。

画像: New Yamaha NIKEN - Ride the Revolution www.youtube.com

New Yamaha NIKEN - Ride the Revolution

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.