サプールとは、世界に注目されるアフリカコンゴ共和国のオシャレ紳士集団。 そんなサプールをドレスコードとしたスペシャルなイベントで、とびきりのオシャレと九州随一の日本酒県である酒どころ佐賀のお酒を楽しもう!

佐賀県内21蔵の日本酒が堪能できるイベント「佐賀ん酒×サプール東京」

肥沃な佐賀平野を有する佐賀県は、 日本有数の米どころであり、 良質な伏流水が豊富な地域であるため、 江戸時代に藩主が付加価値の高い酒づくりを奨励したこともあり、 焼酎王国九州において「日本酒県」と言われるほど、 日本酒造りが盛んな土地。そんな佐賀のお酒が、1日限定で東京・南青山で味わうことができます!

当日ステージ上では、 佐賀の蔵人と食文化プロデューサーの山田チカラ氏、 タベアルキストのマッキー牧元氏によるトークショーや、ジャズギタリスト小沼ようすけ氏によるライブパフォーマンスが行われます。

また、COMMUNE2nd内の飲食店7店舗では、 佐賀ん酒をベースとしたオリジナルカクテルをはじめ、"佐賀のエイリアン"とも言われる「わらすぼ」や、販売量・生産額ともに日本一を誇る「佐賀海苔」などの佐賀県産食材や柚子胡椒などの加工食品を使用した、1日限定のオリジナルおつまみも販売されるとか。

わらすぼ:ムツゴロウと並ぶ有明海の珍魚。 目は退化し、 うろこもほとんどなくぬるぬるしている。 内臓をとって丸ごと干物にして食すことが多いが、 刺身、 味噌汁として食されることもある。

佐賀海苔(R):全国で生産される海苔の約4分の1を占め、14年連続販売額、生産量ともに日本一を誇る。おいしさの秘けつは、有明海の特徴である最大6mの干満差を利用した支柱式養殖にあり、満潮時には海苔が海水に浸かることで海の栄養を吸収し、干潮時には海面から干出されることにより日光を直接浴びてうま味が凝縮される。

イベント情報は特設Facebookでも更新されているので、ぜひチェックしてみては。

イベント概要

日時:
2017年10月14日(土)15:00〜21:00
場所:
〒107-0062 東京都港区南青山3-13
COMMUNE 2nd(「表参道」 駅 A4出口 徒歩2分)

This article is a sponsored article by
''.