歌と踊りとハグが大好きな妖精トロールたちと、トロールを食うことでしか幸せになれない怪物ベルゲンたちの、相容れない幸福の求め方に、接点はあるのか??
幸せというものは即物的ではなく、心の中にある・・・心の持ちようなのだというメッセージを、カラフルで可愛らしいキャラクターたちの活躍で描いた作品。

あらすじ:歌と踊りとハグが大好きなお気楽妖精トロールの王女の冒険譚

小さな妖精トロールたちは、歌と踊りとハグが大好き。いつも平和で幸せな毎日を送っていた。
それに比べて体の大きな怪物ベルゲンたちは幸せを感じることができない。歌も踊りもハグも楽しめないのだ。
そんな不幸なベルゲンたちは、トロールを食べると幸せになれることを発見し、トロールたちを捕獲し、食べ続けてきた。トロールの王はベルゲンたちから逃れて幸福な国を作り上げたが、そんな平和は20年しか続かなかった。天性のお気楽者であるトロールたちはベルゲンたちの脅威を忘れ、日ごとに賑やかなパーティに興じていたが、やがてその騒ぎをベルゲンに発見され、襲われてしまうのである。

仲間の多くはベルゲンにさらわれてしまうが、かつては英雄だったトロール王は老い、彼らを救い出す気概はない。そこで王女ポピーは仲間の救出のため、ひねくれ者のブランチとともにベルゲンたちが住むベルゲン・タウンに向かう・・・。

優しく柔らかい大人の寓話

歌と踊りとハグ。
それだけで幸せになれるわけではないが、その3つを心から楽しめるなら、案外人生は幸せだ。

醜く残酷な怪物ベルゲンは、幸せを感じる能力がなく、幸せになるにはトロールを食べるほかないと思われていたが、それは妄執だったのではないか?
我々も、お金がなければ、家がなければ、いい服を着なければ幸せじゃない?
そんなことはない、歌と踊りとハグの相手がいれば、それはかなり幸せなはずだ。

本作は偏って堅くなった頭と心を解き放つ、優しく柔らかい大人の寓話だ。
王女ポピーを助けるひねくれ者ブランチの声をジャスティン・ティンブレイクが演じているのもポイント。

画像: 『トロールズ』2017.7.12先行デジタル配信/2017.8.2ブルーレイ&DVDリリース youtu.be

『トロールズ』2017.7.12先行デジタル配信/2017.8.2ブルーレイ&DVDリリース

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.