本日7月28日は、"コカ・コーラ"鈴鹿8耐の予選が行われまして、各チームのライダーたち全員が2回走行し、それぞれのベストタイムの平均で予選順位が決まりますが、上位10チームは明日29日に行われる1発タイムアタックでのスペシャルな予選、「トップ10トライアル」に進出できます。さて、上位10チームは、どんな顔ぶれになったのでしょう?

やっぱりヤマハは強い! ここでもトップに踊り出ました!

本日の公式予選、1回目は11:30から始まり、青、黄、そして赤の各腕章をつけたライダーがそれぞれ20分ずつの予選セッションを走りました。そして同じ進行で15:10から、2回目が行われております。

1回目で目立ったのは、今年3連覇を狙うヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームの中須賀克行と、アレックス・ローズの走りでした。中須賀はセッションの序盤で早々と2分6秒779という6秒台のタイムをマーク! 続いてのセッションでは、ローズも2分6秒405と6秒台を記録! このタイムは、今回の予選の最速ラップとなります。やっぱりヤマハYZF-R1と前年度覇者コンビ、強いです!

なお新加入のマイケル・ファン・デル・マークは、1回目の走行では2分08秒164でした。気が早いですけど、明日のトップ10トライアルは中須賀とローズが起用されそうですね・・・。

画像: 路面温度がそんなに高くない時間帯に、ズバっと6秒台をマークした中須賀克行(ヤマハ)。チームメイトのA.ローズも6秒台を記録し、盤石の強さを感じさせました。 race.yamaha-motor.co.jp

路面温度がそんなに高くない時間帯に、ズバっと6秒台をマークした中須賀克行(ヤマハ)。チームメイトのA.ローズも6秒台を記録し、盤石の強さを感じさせました。

race.yamaha-motor.co.jp

2番手はヨシムラ、3番手はハルク-プロでした!

この日、ヤマハの2名のほか6秒台を叩き出したのは、ヨシムラ スズキ モチュール レーシングの津田拓也+GSX-R1000のみ(2分06秒929)。午後の2回目の走行では、各チームそれほどタイムは伸びませんでしたが、トップ10入りを目指すプライベーターチームの争いが、場内を盛り上げました。

さて、各ライダー(2~3名)の平均タイムで決まる、気になるトップ10の顔ぶれは下記のリザルトをご参照ください。明日の鈴鹿サーキットは曇り&弱い雨の予報になってますが、なんとか天気がもって、ドライ路面でのトップ10トライアルの激しいタイムアタック合戦を見たいですね!

トップ10トライアル進出チーム

1位 21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM 2'07.116
2位 12 YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING 2'07.523
3位 634 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda 2'07.538
4位 11 Kawasaki Team Green 2'07.867
5位 5  F.C.C. TSR Honda 2'07.919
6位 7  YART Yamaha Official EWC Team 2'08.176
7位 71 Team KAGAYAMA 2'08.553
8位 19 MORIWAKI MOTUL RACING 2'08.796
9位 25 HondaSuzukaRacingTeam 2'08.984
10位 22 Satu HATI. Honda Team Asia 2'09.295

This article is a sponsored article by
''.