いよいよ開幕した、"コカ・コーラ"鈴鹿8耐! 初日27日はフリー走行が2回行われましたが、一番時計を記録したのは3連覇を狙うヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームでした!

3連覇に向け視界良好!

27日は13時50分と16時から、それぞれ1時間の走行枠が設けられていました。計時はしますが、予選というわけではありませんので各チームは調整などにこの機会を有効活用するわけです。しかし、どんなタイムを各チームが出したのか・・・は気になるところでもありますね。

フリー走行1本目では、ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのエースで自身の大会3連覇に挑む中須賀克行が、2分07秒540を記録してトップとなりました。走行2本目は、実戦を想定してユーズドタイヤで走り、ベストタイムは2番手となる2分08秒020でした。

画像: ヤマハのエース、中須賀克行がこの日全体のトップタイムを記録しています! race.yamaha-motor.co.jp

ヤマハのエース、中須賀克行がこの日全体のトップタイムを記録しています!

race.yamaha-motor.co.jp

なお2番手はホンダ勢の本命チームと言える、ムサシRT ハルク-プロ ホンダ。3番手はヨシムラ スズキ モチュール レーシングでした。本日28日(金)は予選が行われます。チームごとのライダー全員(2〜3名)の平均タイムで順位が決まるので、いかに全員がいいタイムを揃えるかが重要になります。トップ10トライアルに進出するのはどのチームか・・・注目しましょう!

フリー走行総合結果(7/27)
1 21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 2'07.540
2 634 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda Honda 2'07.756
3 12 YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING Suzuki 2'08.321
4 5 F.C.C. TSR Honda Honda 2'08.342
5 11 Kawasaki Team Green Kawasaki 2'08.430
6 25 HondaSuzukaRacingTeam Honda 2'08.617
7 39 BMW Motorrad39 BMW 2'08.926
8 19 MORIWAKI MOTUL RACING Honda 2'08.938
9 95 S-PULSE DREAM RACING・IAI Suzuki 2'09.312
10 7 YART Yamaha Official EWC Team YAMAHA 2'09.343

This article is a sponsored article by
''.