お試し新コーナー、『バイクしりとり』です。
バイク、またはバイクライフに関わる単語を10個繋げていこう!というもの。あなたはできますか?それではいってみましょう!

どんなバイクは登場するかな

それではひとつずつ解説をみてみましょう!自分ならどんな単語を繋げていくか、想像しながら見て見てくださいね♪

1: CBR400Rからスタートです!

画像: 【極めろ】バイクでしりとりっ!あなたは何個思いつく?
  • 2: 「R」からはじまる・・・(クリック!)

    2: RG250Γ

    こちらはSUZUKI RG250Γ(1984年4月)

    Γ(ガンマ) の84年モデル。MR-ALBOXフレームにDECAピストンブレーキ、エンジンはEACSを採用。フルカウルのHBカラーは3万8000円高。

    ●水冷2スト・ピストンリードバルブ並列2気筒●247cc●45PS/8500rpm●3.8kg-m/8000rpm●127kg●100/90-16・110/80-18●46万円

  • 2: 「R」からはじまる・・・(クリック!)
    100
    65

  • 3: 「マ」からはじまる・・・(クリック!)

    マグナ

    画像: こちらは HONDA マグナ750(1993年7月発売)

    こちらはHONDA マグナ750(1993年7月発売)

    VF750セイバー、V45マグナの流れを引き継ぐ輸出モデルのVT750Cの国内市販バージョンとして
    登場。ドラッガーモデルたちのはしりとも言われています。

    ●水冷4ストDOHC4バルブV型4気筒●748cc●75PS/9000rpm●6.6kg-m/7000rpm●228kg●120/80-17・150/80-15●83万9000円

  • 3: 「マ」からはじまる・・・(クリック!)
    100
    52

  • 4: 「ナ」からはじまる・・・(クリック!)

    ナイトホーク

    画像: こちらは HONDA ナイトホーク750(1991年7月発売)

    こちらはHONDA ナイトホーク750(1991年7月発売)

    オイルクーラーを標準装備したCB系の空冷4気筒を載せたアメリカンタイプモデル。長めのホイー
    ルベース、リアドラムブレーキが特徴。

    ●空冷4ストDOHC2バルブ並列2気筒●399cc●39PS/9500rpm●3.2kg-m/8000rpm●169kg●110/70-17・130/70/17●39万9000円

  • 4: 「ナ」からはじまる・・・(クリック!)
    100
    45

  • 5: 「ク」からはじまる・・・(クリック!)

    クルーザー

    画像: こちらは KAWASAKI ZL1000(1986年発売)

    こちらはKAWASAKI ZL1000(1986年発売)

    KAWASAKI ZL1000

    1000RXベースに低中速向けにセットしたエンジンは強烈なダッシュをみせました。
    まさにキングオブクルーザーとも言うべき1台!

    ●水冷DOHC4バルブ並列4気筒●997cc●110PS/9000rpm●9.3㎏-m/7000rpm●244㎏●100/90-18・160/80-15●輸出車

  • 5: 「ク」からはじまる・・・(クリック!)
    100
    47

  • 6: 「ザ」からはじまる・・・(クリック!)

    ザンザス

    画像: KAWASAKI ザンザス(1992年4月発売)

    KAWASAKI ザンザス(1992年4月発売)

    「現代版マッハⅢ」をコンセプトとして開発されたモデル。異形ヘッドライト、独特なフレーム形状、右2本出しのサイレンサーなど、外観デザインも独創的でした。

    ●水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒●398cc●53PS/11500rpm●3.7kg-m/9500rpm●168kg●110/70R17・160/60R17●62万9000円

  • 6: 「ザ」からはじまる・・・(クリック!)
    100
    44

  • 7: 「ス」からはじまる・・・(クリック!)

    スカイウェイブ

    画像: SUZUKI スカイウェイブ650(2002年1月発売)

    SUZUKI スカイウェイブ650(2002年1月発売)

    国産スクーターでは最大排気量を誇るエンジンで、快適装備を満載した巨体にを軽々と走らせるツアラー的なビッグスクーター。クラス初の電子制御CVTミッションは、有段式のマニュアル変速操作も可能。上級グレードであるLXは、電動格納ミラーとABSを標準装備しています。

    ●水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒●638cc●50PS/7000pm●6.1kg-m/5000rpm●238kg●120/70R15・160/60R14●85万9000円※諸元はスカイウェイブ650

  • 7: 「ス」からはじまる・・・(クリック!)
    100
    43

  • 8: 「ブ」からはじまる・・・(クリック!)

    ブリヂストン90スクランブラー

    画像: ブリヂストン ブリヂストン90スクランブラー(1965年発売)

    ブリヂストン ブリヂストン90スクランブラー(1965年発売)

    その高性能が評価されていたBS90にキットパーツを装着したモデルで、モトクロス出場者に販売された市販モトクロッサー。黎明期の全日本モトクロスなどで広く活躍しました。

    ●空冷2スト単気筒●88cc●10PS/10000rpm●0.98kgm/7000rpm●0.98kg-m/7000rpm●2.50-17・2.75-17●9万5000円

  • 8: 「ブ」からはじまる・・・(クリック!)
    100
    38

  • 9: 「ラ」からはじまる・・・(クリック!)

    ラビット

    画像: 富士工業 ラビットS-1(1946年発売)

    富士工業 ラビットS-1(1946年発売)

    米国のポウエルスクーターを参考に、実用性と操作性をアップして生まれたのが日本最初のスクーター、ラビット。速度調整は右足のスロットルペダルにより、サイドバルブの単気筒には遠心クラッチが組み合わされています。車体後半のカバーは航空機の機体と同じジュラルミン製です。

    ●強制空冷4ストSV単気筒・135cc ●2PS /3000rpm

  • 9: 「ラ」からはじまる・・・(クリック!)
    100
    40

  • 10: 「ト」からはじまる・・・(クリック!)

    トリッカー

    画像: YAMAHA トリッカー(2004年2月)

    YAMAHA トリッカー(2004年2月)

    ロードスポーツでもない、オフロードマシンでもない、BMXのような新しい楽しみ方を提案する、軽快な運動性を追求した個性派スポーツ。フレームやエンジンをはじめ、各所にトライアルマシンの技術が活かされています。極端にスリムなエクステリアもXスポーツテイストを感じさせてくれる一台。

    ●空冷4ストOHC2バルブ単気筒●249cc●21PS/7500rpm●2.14kg-m/6500rpm●111kg●795mm●80/100-19・120/90-16●42万1050円

  • 10: 「ト」からはじまる・・・(クリック!)
    100
    39

バイクしりとり!10個言えますか?

できればすべて車種名で制覇できるとカッコイイ。今回は5番目だけ使えませんでした、無念。
みなさんもチャレンジしてみてくださいねー!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.