週末行われたスペインGPは、今年の欧州ラウンドの初戦となります。前戦の結果、まだ今季優勝のないバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)がランキング首位となっていますが、今回の結果でランキングはどうなったのか・・・気になりますね!

ペドロサが完全勝利!

予選はダニ・ペドロサ、マルク・マルケス、そしてカル・クラッチローと、ホンダ勢が1-2-3を独占。ペドロサのポールポジションは2015年のマレーシア以来2年ぶり。昨年のサンマリノ以来の優勝を目指して好位置につけました。

そのほか予選結果は、ランキング首位のロッシは7位。ランキング2位のマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)は4位という位置。ここまであまり良い所ないアンドレア・イアンノーネ(スズキ)が5位。そしてホルヘ・ロレンソが8位と、ドゥカティ勢で最上位の位置につけました。

決勝レースはホンダファクトリーの2台が、終始他を圧倒・・・という展開でした。4周目にヨハン・ザルコ(ヤマハ)が一度マルケスの前に出ますが、それ以外は常にペドロサ、マルケスの順で1-2体勢を形成。そのまま27周のレースを終え、1-2フィニッシュを達成しました。

3位は12周からその位置をキープしたロレンソが、今季初表彰台を獲得! セッティングに悩ませれ続けたヤマハファクトリーのビニャーレスとロッシは、6位と10位に沈みました・・・。

画像: 今季初優勝を地元で決めたD.ペドロサ(ホンダ)。GPの最高峰クラス30勝目ですが、ここまでの勝利数を積み重ねながら未だ王者になっていない・・・というのも珍記録です。今年はどうなるか・・・注目しましょう! www.honda.co.jp

今季初優勝を地元で決めたD.ペドロサ(ホンダ)。GPの最高峰クラス30勝目ですが、ここまでの勝利数を積み重ねながら未だ王者になっていない・・・というのも珍記録です。今年はどうなるか・・・注目しましょう!

www.honda.co.jp

ランキング争いは1~4位まで超接近!

スペインGPの結果、ランキングはかろうじてロッシが首位をキープ(62点)。しかしチームメイトのビニャーレスがわずが2ポイント差の60ポイントで2位。そしてマルケスも4ポイント差の58ポイントで3位と、非常に接近しています。さらに今回の優勝でペドロサは52ポイントとなり、こちらもロッシとは10点差の4位につけました。

今回好調なホンダファクトリーがこの勢いを維持するか? それとも今回沈んだヤマハファクトリーの復調があるのか・・・次戦5月21日のフランスGPを楽しみに待ちましょう!

MotoGP第4戦スペイン 決勝結果
1:D・ペドロサ   Repsol Honda Team Honda 42’26.8271
2:M・マルケス   Repsol Honda Team Honda +6.136
3:J・ロレンソ     Ducati Team Ducati +14.767
4:J・ザルコ     Monster Yamaha Tech3 Yamaha +17.601
5:A・ドビツィオーゾ Ducati Team Ducati +22.913
6:M・ビニャーレス  Movistar Yamaha MotoGP Yamaha +24.556

This article is a sponsored article by
''.