今年第40回記念大会を迎える”コカ·コーラ"鈴鹿8耐。この日本一のビッグレースには、数多くの世界ロードレースGP(現MotoGP)王者が参戦しました。8耐を走ったGPチャンピオンを紹介する連載。今回は、「キング」こと、ケニー・ロバーツです!

監督として、8耐勝利の美酒を味わう

1965年に14歳でレースデビュー、1973〜1974年に2年連続AMAグランドナショナルチャンピオンを獲得。1978年から世界ロードレースGP500ccクラスにフル参戦し、同年から最高峰3連覇の偉業を達成したケニー・ロバーツは、多くのファンから「キング」と呼ばれるグレートな存在です。

そんなケニーが鈴鹿8耐に参戦したのは、GPからの引退後でした。1983年にホンダのフレディ・スペンサーとの激闘の末、世界ロードレースGP500ccクラス・ランキング2位に終わったケニーはGPからリタイアしましたが、この大会ではヤマハFZR750で見事ポールポジションを獲得。会場に居合わせた誰もが、キングのキングたるゆえん、を体感することになりました。

画像: 1985年大会、グリッド上でライバルのワイン・ガードナー(ホンダ)にプレッシャーを与える? K.ロバーツ(右)。 オートバイ/モーターマガジン社

1985年大会、グリッド上でライバルのワイン・ガードナー(ホンダ)にプレッシャーを与える? K.ロバーツ(右)。 オートバイ/モーターマガジン社

ヤマハの国内エース、平忠彦と組んでの1985年は、あまりに有名なエピソード・・・首位を独走しながらも、残り30分を切ったところでエンジンブローでリタイア・・・に終わりました。翌1986年は、8耐3勝のキャリアを持つマイク・ボールドウィンと、自身のチームのチーム・ラッキーストライク・ロバーツからヤマハYZF750で参戦。予選2位のポジションをゲットしています。

画像: 1986年はマイク・ボールドウィンと組んで参戦。「耐久レースを走るのは今年が最後」と宣言して望んだ決勝レースでしたが・・・。 オートバイ/モーターマガジン社

1986年はマイク・ボールドウィンと組んで参戦。「耐久レースを走るのは今年が最後」と宣言して望んだ決勝レースでしたが・・・。 オートバイ/モーターマガジン社

小柄なケニーと、ボールドウィンの体格差の問題から、ライダー交代毎に燃料タンクカバーを交換する・・・というハンデがありました。そして、ライバルのワイン・ガードナー/ドミニク・サロン組(ホンダ)はスタート後1時間で独走状態となる苦しい展開でした。

そんな燃料タンクカバー交代という作業が原因で、キャブレターのブリーザーパイプを潰しエンストしてしまうというミスを犯したため、ショートカットでピットに戻ることになります。そのペナルティは10周という厳しい内容でありました。

この遅れを取り戻すべく、ボールドウィンがチャージをかけますが、S字で転倒! 130周でリタイアという結果に終わってしまいました。

ケニーの鈴鹿8耐は、ライダーとしては2年連続リタイアという成績でしたが、チーム監督としてのぞんだ1987年はジョン・コシンスキー/カル・レイボーンが3位表彰台を獲得。そして1988年はケビン・マギー/ウェイン・レイニー組が優勝という記録を残しています(マシンはともにヤマハYZF750)。

This article is a sponsored article by
''.