SBK=世界スーパーバイク選手権の第2戦タイは、今週末開催されています。土曜日のレース1は、前戦のオーストラリア同様、カワサキとドゥカティのファクトリーライダーたちが、首位争いを演じる結果となりました。

スーパーポールはジョナサン・レイ(カワサキ)が奪取!

1発勝負の予選方式のスーパーポールで、首位になったのは2年連続チャンピオンで、今年3連覇を目指すJ.レイでした。2位はチームメイトのトム・サイクスで、3位は今年SBKに復帰した元MotoGPライダー、マルコ・メランドリ(ドゥカティ)でした。

メランドリのチームメイトのチャズ・デイビスは5位。4位と6位は今年上り調子のヤマハファクトリーのアレックス・ローズとマイケル・ファン・デル・マークが入っています。カワサキとドゥカティの、SBK最強2大ファクトリー相手に、ヤマハがこの争いに加わることができるのか・・・注目ですね!

やはり強い! 見事J.レイが前ラウンドから3連勝!

レース序盤、集団をリードしたのはJ.レイでした。続いてメランドリ、サイクス、デイビスと、緑と赤の軍団が首位グループを形成します。そして前戦トップグループに食らいついたA.ローズに代わり、今回は青=ヤマハのM.V.D.マークがいい位置につけました!

レイは快調にレースをリードし、しばらくは上記のオーダーが続きますが、中盤にC.デイビスがサイクスをパス! そして、チームメイトのメランドリの前にも立ってレイを追走します。

画像: T.サイクス(カワサキ)とM.メランドリを抜きあぐね、ようやくC.デイビス(ドゥカティ)が2位に浮上します! photos.worldsbk.com

T.サイクス(カワサキ)とM.メランドリを抜きあぐね、ようやくC.デイビス(ドゥカティ)が2位に浮上します!

photos.worldsbk.com

ドゥカティファクトリーの2人が激しい2位争いをする中、レイは悠々とリードをキープして、前戦オーストラリアGPの完全勝利に続いて、見事3連勝を達成しました。そして2位はC.デイビス。3位は最後の最後でM.メランドリをパスしたT.サイクスでした。前戦終了後にメランドリは、タイヤのマネジメントの難しさを語っていましたが、タイヤを使い切ってしまったのか踏ん張りきれず、4位で表彰台を逃しました。

画像: 見事なウィリーで、自身の勝利の喜びをアピールするJ.レイ(カワサキ)。この男・・・強すぎます! photos.worldsbk.com

見事なウィリーで、自身の勝利の喜びをアピールするJ.レイ(カワサキ)。この男・・・強すぎます!

photos.worldsbk.com

5、6位はM.V.D.マークとA.ローズのヤマハコンビでした。しかし、まだレースペースではカワサキ&ドゥカティファクトリーには一歩及ばず・・・という印象ですね。7位はジョルディ・トーレス(BMW)、8位はレオン・キャミア(MVアグスタ)が奮闘。9、10位は新型ホンダCBR1000RRの熟成の遅れに悩めるニッキー・ヘイデンとステファン・ブラドルでした・・・。

日曜のレース2は、今年から導入のリバースグリッドにより、M.メランドリがポールポジションになります。タイヤマネジメントに悩んでいるメランドリが、好位置を十分に活かすことができるのか? そして、3列目に下げられる表彰台の面々が、どのようなレース戦略をみせるのか? レース2も要チェックです!

This article is a sponsored article by
''.