逆輸入Class第1位。総合Class第5位。パワーに負けない車体と高次元の制動性能を追及し、優しく、わかりやすく、ワンランク上の快適性を追求したバイク♡

SUZUKI HAYABUSA(2016)

画像: 全長×全幅×全高:2190×735×1165mm ホイールベース:1480mm シート高:805mm 車両重量:266kg ©オートバイ別冊付録2016-2017 オール国産車アルバム

全長×全幅×全高:2190×735×1165mm ホイールベース:1480mm シート高:805mm 車両重量:266kg
©オートバイ別冊付録2016-2017 オール国産車アルバム

画像: ©オートバイ別冊付録2016-2017 オール国産車アルバム

©オートバイ別冊付録2016-2017 オール国産車アルバム

1999年にデビューするや、強力なパワーを備える水冷直4エンジンと、空気を切り裂くための空力特性を追求した独特のなスタイルのフルカウルによって、圧倒的な超高速性能を実現して一躍熱烈な人気を集めるようになったハヤブサ。その強烈な個性とハイパフォーマンスは2008年のモデルチェ ンジを経た現行モデルにもしっかりと受け継がれ、いまだに最新のライバルに負けないパフォーマンスをキープ。

世界中で根強いファンが多いメガスポーツのロングセラーとなっている。現行モデルの輸出仕様は、2014年から登場した国内仕様と基本的なメカニズムやエンジンの最高出力などのスペックはほぼ共通で、カラーバリエーションも同一のものとなっている。その大きな違いは、国内仕様には装着されている180km/hのスピードリミッターが装着されていないために超高速走行が可能であることと、ETC車載器を備えていないことの2点。価格はやや国内仕様よりもやや高い設定。©オートバイ別冊付録2016-2017 オール国産車アルバム

この連載では、モーターマガジン社出版「月刊オートバイ【別冊付録】2016-2017 オール国産車アルバム」より、心踊る魅惑のNEWモデルを完全網羅。国産車のイマを凝縮!!
2016〜2017年の国産車のオートバイモデルをじゃんじゃん紹介していくので、「こんなバイクが発売したんだ〜」とか、「こんなオートバイに乗りたい!」とあらたな発見をしてもらって、お楽しみいただければと思います。(mari@ロレンス編集部)

This article is a sponsored article by
''.