Zはいつの世もストリートの王者だった。Z1、Z2、Z1000R、GPZ900R、ZZ-R1100、ZX-9R…………。ストリート最速の座を明け渡したことは1度もない。ひたすら王道を歩き続けてきたのだ。本当の王者は、王座を降りてから評価されるもの。そして王者の誇りを失ってはならない。そんな【Z】の名を持つバイク達の中から、今回はGPZ900Rを思い出して頂きたい。

水冷ユニットで新時代突入

画像: (オートバイ Classics©モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(オートバイ Classics©モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

カワサキの本格的水冷エンジンを採用した第1世代目として開発され、全く新しいモデルとして登場。元WGPチャンピオンでカワサキ・ワークスのコーク・バリントンのライディングする姿と高い性能で注目を集めたモデルでした。

北米仕様にはNinja(ニンジャ)のペットネームが付けられた事も印象的で、現在のKawasaki Ninjaのルーツとも言える1台です。

This article is a sponsored article by
''.