Zはいつの世もストリートの王者だった。Z1、Z2、Z1000R、GPZ900R、ZZ-R1100、ZX-9R…………。ストリート最速の座を明け渡したことは1度もない。ひたすら王道を歩き続けてきたのだ。本当の王者は、王座を降りてから評価されるもの。そして王者の誇りを失ってはならない。そんな【Z】の名を持つバイク達の中から、今回はZ1000Rを思い出して頂きたい。

Z1000JベースのマシンでAMAスーパーバイク王者となったエディ・ローソン。
その栄誉を記念して発売されたZ1000R。

画像: (オートバイ Classics©モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(オートバイ Classics©モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

R2、Z1100Rと続くシリーズの第一弾として登場したZ1000R。カワサキの絶版車の中では人気、パフォーマンス共にトップと言っても過言では無い1台で、KZ1000 (J1) を駆るエディ・ローソンが、「AMAスーパーバイク」シリーズのシリーズチャンピオンを獲得したことを記念して1982年に発売された、通称ローソンレプリカと呼ばれるモデル。

総生産台数は900台程度と、少数しか生産されておらず、現在でも愛好家の間では幻の名車として高い人気を誇っています。

This article is a sponsored article by
''.