アウディR8といえば、やっぱり映画『アイアンマン』シリーズで、主人公トニー・スタークの愛車としてスクリーンを駆け巡る勇姿を思い起こされますね。
同じフォルクスワーゲングループということで、ランボルギーニ・ウラカンと同じプラットフォームを共用していることでも知られる、超がつくスーパーカーですが、5.2リッターの V10エンジンや電子制御式4WDシステムなど、多くのハードウェアはウラカンと同じであるものの、そこはアウディが見事にチューニングを施し、R8ならではのキャラクターを与えているのです。

凄すぎる素顔をタキシードで隠すかのような、R8の穏やかそうに見える野生

ウラカンは、戦闘機よろしくの攻撃的なデザインで知られますが、R8はやはり育ちの良さを全面煮出した、ややおとなし目のデザインです。もちろん、只者ではないオーラを出しているし、例えばBMWのMほどには羊の皮は被っていません。時速300キロくらいすぐ出しちゃうよオレ的な、スポーティーでパワフルなスタイリングを持っているわけですが、それでも周囲を圧するような凄みというよりは、洗練された都会的な印象を受けます。それだけに女子ウケはウラカンよりいいんじゃないかな、と思いますね。ギラギラを抑えて、キラキラ女子に阿る(おもねる)。下心を隠す爽やかなの持ち主、それがR8ですな。

R8の最上位モデルは610馬力を叩き出しますが、一般的にはこっちの普通のモデル(とはいえ540馬力! )で十分すぎますよね。時速320キロオーバー、0-100km/h加速は3.5秒という怪物ですから。
それでも、新開発の電子制御式油圧多板クラッチを採用したアウディお得意のクワトロテクノロジーの恩恵で、その大パワーに振り回されず、しっかり路面を掴むので、誰が乗っても速く走れそうな感じ。

【V10 5.2 FSI quattro 24,560,000 円】
エンジン種類 V型10気筒DOHC
総排気量 5,204 cc
最高出力[ネット] 397(540) / 7,800 kW(PS) / rpm
最大トルク[ネット] 540(55.1) / 6,500 Nm(kgm) / rpm

先進的なテクノロジーは座った瞬間に分かる・・・Audi R8

アウディが採用したヴァーチャルコクピット。R8に完全にマッチしてます。座った瞬間に気分はアイアンマン、ですよね。

さらに、乗りやすさと、超高速度域の強烈なG(重力)でも体をしっかり捕まえてくれるシートは、見るからにクール。

これなら、女の子を横に乗せて高速道路を快適に飛ばしていても、何の不安もなさそう。

ああ、欲しい。
日常生活でも十分使えるスーパーカー。誰か買ってください〜。欲しいよ〜。

画像: The Audi R8 Stunt Driver www.youtube.com

The Audi R8 Stunt Driver

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.