BMWの新たなデザインの方向性を示した「コンセプトX2」 

パリ自動車ショーのBMWブースの中で、ひときわ輝きを放っていた「コンセプトX2」。実車を見た感じでは、スポーティなデザインで人気のX1をクーペスタイルに仕立てたイメージだが、そのデザインはこれまでのXシリーズとは明らかに異なっている。大型化されたキドニーグリルをはじめ、フロントバンパーデザインもこれまでのものとは一線を画す斬新なものとなっている。それは今年の5月に発表されたBMW M2をベースに制作されたコンセプトモデル「2002オマージュ」のデザインを彷彿とさせる。これらのコンセプトモデルは、新しいBMWのデザインを示唆しているのだろう。世界中で人気のコンパクトSUVに「X2」という新たな強敵が加わるのは間違いないようだ。

画像1: BMWの新たなデザインの方向性を示した「コンセプトX2」
画像2: BMWの新たなデザインの方向性を示した「コンセプトX2」
画像3: BMWの新たなデザインの方向性を示した「コンセプトX2」

This article is a sponsored article by
''.