ボケーっとリオ五輪中継をテレビで見ていたら、またまたクダラナイことを思いついてしまいました。オリンピックといったら「金メダル」・・・そういえば「金」が車名に与えられているモーターサイクルって結構あるよな・・・。ということで? ズラズラと上げていってみました!

栄光をあらわすゴールドは、車名にも多く使われてます。

画像: 英国のBSAゴールデンフラッシュ。トライアンフサンダーバードのライバルで、OHV650cc2気筒の人気モデルです。1954年にはスイングアームモデルが発表されています。 bright-cars.com

英国のBSAゴールデンフラッシュ。トライアンフサンダーバードのライバルで、OHV650cc2気筒の人気モデルです。1954年にはスイングアームモデルが発表されています。

bright-cars.com
画像: 英国のブラフシューペリアのゴールデン・ドリーム。二階建て構成の水平対向4気筒という、ユニークなエンジンを搭載しています。1938〜1939年に製造されました。 3.bp.blogspot.com

英国のブラフシューペリアのゴールデン・ドリーム。二階建て構成の水平対向4気筒という、ユニークなエンジンを搭載しています。1938〜1939年に製造されました。

3.bp.blogspot.com
画像: 日本を代表する「金」の名を持つモーターサイクルといえば、やはりホンダのゴールドウイングですね。40年の歴史を持つ、グランドツアラーの大ヒットシリーズです。 powersports.honda.com

日本を代表する「金」の名を持つモーターサイクルといえば、やはりホンダのゴールドウイングですね。40年の歴史を持つ、グランドツアラーの大ヒットシリーズです。

powersports.honda.com
画像: こちらはイタリアの「ゴールドウイング」です? アエルマッキの市販ロードレーサー、アラドーロ(金の翼)。後期型は250/350cc単気筒OHVですが、1960年代のロードレースシーンで軽量さとハンドリングの良さを武器に活躍しました。 www.bestcarinf.com

こちらはイタリアの「ゴールドウイング」です? アエルマッキの市販ロードレーサー、アラドーロ(金の翼)。後期型は250/350cc単気筒OHVですが、1960年代のロードレースシーンで軽量さとハンドリングの良さを武器に活躍しました。

www.bestcarinf.com
画像: ゴールドといったら、このマシンを思い出す人も多いのでは? BSAのB34ゴールドスターです。こちらの最終型DBD34型は、世界各国のクラブマンレースで活躍しました。 www.bsagoldstar.co.uk

ゴールドといったら、このマシンを思い出す人も多いのでは? BSAのB34ゴールドスターです。こちらの最終型DBD34型は、世界各国のクラブマンレースで活躍しました。

www.bsagoldstar.co.uk
画像: 天才マッシモ・タンブリーニの作であるMVアグスタF4の限定モデル、セリエ オロ。直訳すると黄金シリーズ(笑)。このF4以降も、MVは幾つかのモデルにセリエ オロ版を用意しています。 moto.zombdrive.com

天才マッシモ・タンブリーニの作であるMVアグスタF4の限定モデル、セリエ オロ。直訳すると黄金シリーズ(笑)。このF4以降も、MVは幾つかのモデルにセリエ オロ版を用意しています。

moto.zombdrive.com
画像: 2002年、エリザベス女王50周年を記念して企画されたトライアンフボンネビルT100限定車、ゴールデン・ジュビリー。なお1977年には、25周年を記念したT140Jシルバー・ジュビリーが販売されています。 www.bike-urious.com

2002年、エリザベス女王50周年を記念して企画されたトライアンフボンネビルT100限定車、ゴールデン・ジュビリー。なお1977年には、25周年を記念したT140Jシルバー・ジュビリーが販売されています。

www.bike-urious.com
画像: 1963年型アリエル・ゴールデンアロー。バレンタイン・ペイジ設計の並列2ストロークツインを搭載するスポーツバイクです。 www.silverstoneauctions.com

1963年型アリエル・ゴールデンアロー。バレンタイン・ペイジ設計の並列2ストロークツインを搭載するスポーツバイクです。

www.silverstoneauctions.com

ほかにもあると思いますが、今大会?はここまでにいたします

パッと思いついたモデルだけを並べてみましたが、このほかにも「金」がつくモデルはまだあると思います。思いつき企画?なので、今回はこれでカンベンしてください(苦笑)。

ちなみに金に次ぐ「銀」を車名に用いたモーターサイクルってのも、これまた非常に多くあるのですが、さすがに「銅」ってのはなさそうですね。やっぱり銅よりも、金や銀のほうが有り難みがありますから、あえて銅を車名に使おうという人は少ないでしょう・・・当たり前ではありますが。

今回のリオ五輪は、日本選手団がレスリングで4、柔道で3、競泳で2、体操で2、そしてバドミントンで1つ、金メダルを獲得しましたね(8/19現在)。もうすぐ五輪が終わるというタイミング・・・というマヌケな企画ですみません(笑)。沈黙は金?ということで、そろそろ筆を置かせていただきます。

This article is a sponsored article by
''.