2サイクルの専門メーカーだったスズキは、1976年に空冷DOHC2バルブ並列2気筒のGS400と、同4気筒のGS750を発売。その性能をレースで実証し成功を収めたGSシリーズの軌跡を辿っていきたいと思います。

GS1000S 1979

画像1: (Bikers Station©モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(Bikers Station©モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

GS1000は、ヨシムラのチューンにより1978年の鈴鹿8耐久で優勝したほか、AMAスーパーバイクでも活躍。そこで誕生したのが、レプリカ的なモデルのGS1000Sだ。ビキニカウルを装備したのに加え、車体をリファイン。後にウエス・クーリーレプリカと呼ばれるようになった。 

画像2: (Bikers Station©モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(Bikers Station©モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

軽さを重視したスズキ初のリッタースポーツのカウル付き仕様。スズキワークスカラーの白・水色ツートンが人気を博したモデル。

This article is a sponsored article by
''.