画像: 7月14日に発表されたアクセラとマツダの小飼代表取締役社長 兼 CEO。

7月14日に発表されたアクセラとマツダの小飼代表取締役社長 兼 CEO。

マツダは“マツダ アクセラ”を大幅改良し、7月14日より順次発売します。注目点は、アクセラスポーツ(ハッチバック)に1.5Lディーゼルエンジンを搭載したグレードを新設定したこと、横・前後方向の加速度を統合的にコントロールして人馬一体の走りを高めた“G-Vectoring Control”を初採用したことなどです。

注目の1.5Lディーゼル車はアクセラスポーツ(ハッチバック)に設定され、駆動系は前輪駆動のみ、JC08燃費は21.6㎞/L。アクセラスポーツ 1.5Lディーゼル車の価格帯は230.364〜268.92万円です。

画像: アクセラスポーツ 15XD L Packageのエクステリア。フロントマスクはグリルの周囲のメッキパーツの形状が変更され、リアビューは水平方向のラインが強調されたデザインに変更された。

アクセラスポーツ 15XD L Packageのエクステリア。フロントマスクはグリルの周囲のメッキパーツの形状が変更され、リアビューは水平方向のラインが強調されたデザインに変更された。

エクステリアは水平基調のデザインに変更され、2.2Lディーゼル車には電動パーキングブレーキを採用し、インテリアをすっきりさせるなど、見た目に関しても手が加えられています。

画像: 1.5Lディーゼル車の最上級グレード “L Package” のインテリア。情報の入手、操作などの子やすさを追求してデザインされたコクピット(左)とパーフォレーションレザー(ピュアホワイト)のシート(右)。

1.5Lディーゼル車の最上級グレード “L Package” のインテリア。情報の入手、操作などの子やすさを追求してデザインされたコクピット(左)とパーフォレーションレザー(ピュアホワイト)のシート(右)。

ディーゼル車には、ディーゼルエンジン特有のノック音を抑えるナチュラル・サウンド・スムーザーに加えて、燃料の噴射タイミングを0.1秒単位で制御してノック音を消すナチュラル・サウンド・周波数コントロールも新たに採用されています。

画像: アクセラに新たに設定されたSKYACTIV-D(1.5Lディーゼルエンジン・左)とG-VECTORING CONTROLの作動イメージ(右)。

アクセラに新たに設定されたSKYACTIV-D(1.5Lディーゼルエンジン・左)とG-VECTORING CONTROLの作動イメージ(右)。

また、ヘッドアップディスプレイのカラー化などのインターフェイスの見直し、交通標識認識システム(TSR)を採用した危険認知支援技術、車両と歩行者の検知機能を備えた衝突回避支援・被害軽減技術などの最新技術も積極的に取り入れています。

マイナーチェンジとは言え、ラインアップが充実したうえに内容もグレードアップしたアクセラ。世界中のCセグメント車のライバルたちにとって、脅威となることは間違いないでしょう!

新型アクセラのさらに詳しい情報は以下のサイトからどうぞ。

This article is a sponsored article by
''.