車好きにとっては天国のような住宅街。それがグリーン・ガーデン「エデン」。住民の9割以上が高齢者だが、ゲートがあって住人しかこの街に入ることはできない。警察の巡回も滅多になく、信号機は一つもないので、車好きが多く集まる住人たちは、制限速度を無視して好きなように愛車を走らせている。まさに車好きにとってはエデンなのである。
『GTroman STRADALE』より:©西風先生・モーターマガジン社

車好きの楽園に起きた大事件!?

あるとき、ジョギング中の老人(愛車はフェラーリ・ディトナ)が、驚くべき大事件を発見する。
なんと、エデンにおかしな標識が立てられていたのである。それも、世界中のスーパーカーファンが憧れてやまない、フェラーリの跳ね馬のエンブレムに下品なイタズラ描きがされていたから、もう大変。街中のエンスーを巻き込み、犯人探しが始まったのである!

一寸訊いて良いかねェ?

画像4: 【GTロマン事件簿?】フェラーリに嫌がらせした犯人を探せ!

フェラーリのエンブレムに下品ないたずらをした犯人。それは誰だと思う??
あなたの推理を聞かせてくれ。

  • ランボルギーニ・ミウラ乗り。
    理由は、1960年代初頭「ランボルギーニ」創始者、当時トラクター屋のフェルッチオ・ランボルギーニが所有してたフェラーリの不具合を、エンツォ・フェラーリ総帥に直訴するも適当にあしらわれたのを根に持っての犯行だろう?白状しろィ!
    画像5: 【GTロマン事件簿?】フェラーリに嫌がらせした犯人を探せ!
    画像6: 【GTロマン事件簿?】フェラーリに嫌がらせした犯人を探せ!
    画像7: 【GTロマン事件簿?】フェラーリに嫌がらせした犯人を探せ!
  • ジャガーEタイプ乗り。
    とぼけても無駄だぞ、当時フェラーリ250GTOを何としても打倒しようとして250GTOをわざわざ購入してバラして迄 研究して勝とうとしただろうッ!?ジャガーはよォ〜ッ
    画像8: 【GTロマン事件簿?】フェラーリに嫌がらせした犯人を探せ!
  • シトロエン2CV乗り。
    「2CV」は2馬力という意味(実馬力は9馬力)だから、馬二頭の標識にしたのだ!
    画像9: 【GTロマン事件簿?】フェラーリに嫌がらせした犯人を探せ!
    画像10: 【GTロマン事件簿?】フェラーリに嫌がらせした犯人を探せ!
  • ランボルギーニ・ミウラ乗り。 理由は、1960年代初頭「ランボルギーニ」創始者、当時トラクター屋のフェルッチオ・ランボルギーニが所有してたフェラーリの不具合を、エンツォ・フェラーリ総帥に直訴するも適当にあしらわれたのを根に持っての犯行だろう?白状しろィ!
    52
    124
  • ジャガーEタイプ乗り。 とぼけても無駄だぞ、当時フェラーリ250GTOを何としても打倒しようとして250GTOをわざわざ購入してバラして迄 研究して勝とうとしただろうッ!?ジャガーはよォ〜ッ
    15
    36
  • シトロエン2CV乗り。 「2CV」は2馬力という意味(実馬力は9馬力)だから、馬二頭の標識にしたのだ!
    32
    77

正解は、シトロエン2CV乗りなのだった!(笑

画像: 「2CV」の車名の由来であるが「CV」は馬力により課税される「課税馬力(Cheval fiscal)」の意味で、この車は課税馬力が2馬力(実馬力は9馬力だったが、それでも最高速は55km/hを発揮した)であったため「2CV」と名付けられたのである。 ©西風先生・モーターマガジン社

「2CV」の車名の由来であるが「CV」は馬力により課税される「課税馬力(Cheval fiscal)」の意味で、この車は課税馬力が2馬力(実馬力は9馬力だったが、それでも最高速は55km/hを発揮した)であったため「2CV」と名付けられたのである。
©西風先生・モーターマガジン社

面白かったかな???

では、また!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.