昨日土曜日のSBK(世界スーパーバイク選手権)イタリアラウンドのレース1は、ポール・トゥ・フィニッシュをチャス・デイビス(ドゥカティ)が記録しました!!

レース1はデイビスの完勝!!

ランキングトップのジョナサン・レイ(カワサキ)は、コースアウトを喫しますが復帰して2位を死守。3位もカワサキのトム・サイクス。プライベーターのジョルディ・トーレス(BMW)が健闘して4位。5位はドゥカティのダビデ・ジュリアーニ。6位はMVアグスタのレオン・キャミアでした。

画像: 土曜日のレース1を圧勝したC.デイビス(ドゥカティ)。金曜のフリープラクティスからライバル勢に対する優位をキープして独走勝利を飾りました。 www.worldsbk.com

土曜日のレース1を圧勝したC.デイビス(ドゥカティ)。金曜のフリープラクティスからライバル勢に対する優位をキープして独走勝利を飾りました。

www.worldsbk.com

レース2は奇しくもレース1と1〜3位が同じ順位!!

日曜日のレース2は、つい1秒前に現地時間で終了しましたが(笑)、レース1と同様に先頭で逃げるデイビスを、カワサキファクトリーの2台が追いかける展開が繰り広げられました。

画像: レース1、2ともに、2位争いを繰り広げることになったJ.レイ(右)とT.サイクスのカワサキファクトリー勢。 photos.worldsbk.com

レース1、2ともに、2位争いを繰り広げることになったJ.レイ(右)とT.サイクスのカワサキファクトリー勢。

photos.worldsbk.com

レース中盤から、デイビスは2位以下に5秒以上の大差を築き、それを終盤までキープ。最後は4秒台となりましたが、余裕綽々の逃げっぷりでイモララウンドをデイビスが完全勝利しました。

2位レイ、3位サイクスの順位は変わらずそのままゴール。4位ジュリアーノ、5位キャミア、6位にヤマハのアレックス・ローズ、7位にJ.トーレスという順位でした。

次戦は5月13〜15日のマレーシアラウンドです。レイ、デイビス、サイクスの3強がタイトル争いの主役となってますが、レイとサイクスの力関係を考えると、レイとデイビスのふたりのどちらかが、王者になりそうな気がします・・・。

This article is a sponsored article by
''.