MotoGP第3戦アメリカGPの決勝レースは、目下ランキング1位のM.マルケス(ホンダ)が独走で優勝しました。マルケスが最高峰クラスのMotoGPに進出した2013年以降、「サーキット・オブ・ジ・アメリカズ」で開催されたレースではすべてポール・トゥ・フィニッシュを達成したことになります。

独走で偉業を達成!

画像: 2位のJ.ロレンソに6秒以上の大差をつけて優勝したM.マルケス。アメリカラウンドでは敵なしです。 www.motogp.com

2位のJ.ロレンソに6秒以上の大差をつけて優勝したM.マルケス。アメリカラウンドでは敵なしです。

www.motogp.com

序盤から首位に立ったマルケスはそのままスイスイと独走し、ライバルに大差をつけて勝利。2位はヤマハファクトリーのホルヘ・ロレンソ。3位はウォームアップ走行首位と調子の良かったアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)がゲットしました。

画像: 3位のA.イアンノーネ(ドゥカティ)。ウイングがデカイですね〜。2連続リタイアという悪い流れを、3位表彰台で断ち切りました。 www.motogp.com

3位のA.イアンノーネ(ドゥカティ)。ウイングがデカイですね〜。2連続リタイアという悪い流れを、3位表彰台で断ち切りました。

www.motogp.com

ロッシ、ペドロサ、ドビツィオーソは転倒リタイア・・・。

4位と5位はマーベリック・ビニャーレスとアレイシ・エスパルガロのスズキコンビがつけ、6位はスコット・レディング(ドゥカティ)が非ファクトリー勢最上位を獲得。予選3位だったバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は、彼にしては珍しく転倒リタイア。勝者マルケスのチームメイトのダニ・ペドロサは、7周目に第1コーナーで転倒。前を走るアンドレア・ドビツィオーソ(ドゥカティ)がこれに巻き込まれました。前戦に続き、ドビツィオーソはアンラッキーでかわいそうですね・・・。

ランキングは首位のマルケスが66ポイント。ロレンソは21ポイント差の2位に浮上。2位だったロッシはノーポイントが響き、33ポイント差の3位に落ちました。次戦スペインGPは、ヘレス・サーキットで今月22日に開幕。決勝レースは24日です。欧州に舞台を移すことで、タイトル争いの潮目は変わるのでしょうか? 注目です!!!!

This article is a sponsored article by
''.