パックマンのニックネーム通り相手を食って食って食いまくるパワーファイター マニー・パッキャオと、デザートストーム(砂漠の嵐)の異名を持つスピードスター ティモシー・ブラッドリーの三度目の対決。パッキャオの引退試合は、これまで一勝一敗の五分の戦績の相手だ。
画像: パッキャオとしてはラストマッチ。相手は1勝1敗の因縁のティモシー・ブラッドリー www.instagram.com

パッキャオとしてはラストマッチ。相手は1勝1敗の因縁のティモシー・ブラッドリー

www.instagram.com

両雄のラバーマッチの展開

サウスポーのパッキャオは、得意の飛び込んでのワンツーで左の強打を当てたい。
対して右構えのブラッドリーは、左ジャブを細かく使いつつ、カウンターを狙う展開。

パワーファイターのパッキャオはKO狙いで、結果として判定勝ちになろうが相手を圧倒しようとする。ブラッドリーは回転の速い連打と綺麗なカウンターで対抗する。二人の戦略は、パッキャオvsメイウェザー戦を彷彿させるが、パッキャオの左に対して右のカウンターを当てようとするあまりに、連打がついついおろそかになる感がある。

画像: ©WOWOW

©WOWOW

その展開が変わったのは第7ラウンド。軽く当たったパッキャオのパンチでバランスを崩したブラッドリーが両拳をリングにつき、ダウンと見なされたのだ。

明らかにポイントを奪われたことでブラッドリーは、カウンター狙いから持ち前の連打で攻勢に出る。速い連打に惑わされながらもパッキャオは逆にカウンター狙いへと転じ、なんと第9ラウンドでは再びのダウンを奪うことに成功する。

このダウンはまぎれもなくクリーンヒットによるダウン。
ダメージこそないものの、ブラッドリー陣営はもはや逆転KOを狙う他、勝利をつかむことは不可能となり、焦りを隠せないが、さりとてがむしゃらに前に出て相手を確実に仕留めるパワーは、彼にはない。

同時にパッキャオもまた自らの花道を劇的なKOで飾りたいあまり、自然カウンターをより狙うようになるが、結果として手が出なくなる。

やがて二人の戦いは最終ラウンドを迎え、勝敗の行方は判定に委ねられることになる・・・。

勝敗は・・・

マニー・パッキャオの判定勝ち。

下馬評通りだったといえるかもしれないが、二人とも攻勢を緩めることがなく、とても面白い一戦であった。

メイウェザーとの再選にこぎつけることがなければ、パッキャオの勇姿を観られるのもこれが最後、ということになる。

ボクシング業界は、今後は当分ゴロフキンやアルバトロスらを軸に動いていくことだろう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.