YAMAHAの大人気モデル、MT-09をベースとしたバリエーション展開の拡大として発売された第1弾モデル。アドベンチャーのようなビジュアルなのに軽くて、パワーがあるオンロードマシン。

ゼロナインに幅が出る トレーサー的実力 (GOGGLE@モーターマガジン社)

画像1: (GOGGLE@モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(GOGGLE@モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

カウルやシートなど、外装パーツを新設計し、斬新なアドベンチャースタイルで登場したトレーサー。オンロードでの快適性は世界トップクラスでそのスポーツ性能の高さをあらゆる場面で味わえる。

オンロードモデルなのにアドベンチャースタイルという斬新なデザインが本当にカッコイイ。アドベンチヤーモデルというと、女性的にはカッコイイけど足つきが悪い上に重いので、取り回しきれないのではないかと、少し構えてしまうイメージがあるが、このトレーサーは少し車高は高いが、見た目に比べて車重が軽い。

2014年に発売されるや、まったく新しい乗り味とハンドリングで、一躍人気モデルとなったヤマハの3気筒スポーツ、MT- 09。ついには弟分のMT-07との争いを制して、見事、14年の自動二輪クラスベストセラーにも輝いた。トレーサーは、そのMT-09のバリエーションモデルで、ヤマハが打ち出した「プラットフォーム構想」にのっとったモデルづくりで誕生し たもの。つまり、エンジン/フレー ムといったプラットフォームを共用化して異なるモデルを作るという戦略で、それはつまり、ベースとなるモデル(この場合はMT-09 )の完成度が高くなければ成り立たない。

画像2: (GOGGLE@モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(GOGGLE@モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

人気モデルのバリエーション違いというファンにとってはかなり嬉しい展開計画の第一弾としてはかなり斬新でワクワクするモデルだと思う。エンジンやフレームが同じでも、それ以外の部分が変わるだけでこんなにも楽しみ方や乗り心地が違うのだと驚かされる。

ゆっくりも速くも ワインディングも高速も

走り出すと、あのMT-09 独特のギュルギュル感が健在!それでいて高回転までストレスなく回る、まったくよくできたエンジン。むしろパワフルすぎる面もあるくらいなんだけれど、それはスタンダードA/B/Cと3種類に切り替えられるパ ワーモードで対応する。

画像3: (GOGGLE@モーターマガジン社) www.motormagazine.co.jp

(GOGGLE@モーターマガジン社)

www.motormagazine.co.jp

街乗りでもツーリングでも、ワインディングでも快適なMT-09のライディング性能はそのままに、カウルやハンドルガード等の防風性も加わった、よりロングツーリングを楽に、楽しくしてくれる、トレーサー。MT-09からの進化が楽しみなモデルです。

SPECIFICATION YAMAHA MT-09 TRACER ABS
■エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ並列3気筒
■ボア×ストローク(排気量):78×59mm(846cc)
■最高出力:110PS/9000rpm ■最大トルク: 9kg-m/8500rpm ■ミッション:6速リターン
■燃料タンク容量:18L ■全長× 全幅×全高:2160×950×1345mm ■ホイールベース:1440mm ■シート高: 845mm ■車両重量:210kg ■タイヤ前・後:120/70ZR17・180/55ZR17
■価格:104万7600円 ■問:ヤマハ発動機 お客様相談室 TEL:0120-090-819
(GOGGLE@モーターマガジン社)


This article is a sponsored article by
''.