今までロレンスでは、"ウォール・オブ・デス"という曲乗りについて、何回か取り上げてきました。ボケーっとFacebookを見ていたら、タイムラインに興味深い投稿が・・・これはロレンス読者の皆さんにもお届けしなきゃ!という使命感?に駆られてしまいました。

過去の記事は、こちらをご参照ください。

BSA500ccツインの妙技をご堪能あれ!

画像: スクーターに乗って颯爽と登場した女性。彼女の名前はシンディ・ウィリスと言います。 www.youtube.com

スクーターに乗って颯爽と登場した女性。彼女の名前はシンディ・ウィリスと言います。

www.youtube.com
画像: "カルーセル・フェアグラウンド"に到着した彼女は、スクーターを停車させ、BSA A7に乗り換えます。 www.youtube.com

"カルーセル・フェアグラウンド"に到着した彼女は、スクーターを停車させ、BSA A7に乗り換えます。

www.youtube.com
画像: おお〜! ウォール・オブ・デスをノーヘルで爆走します!(※プロフェッショナルライダーによる走行です。公道ではヘルメットを被り、交通法規を守って安全運転してください?) www.youtube.com

おお〜! ウォール・オブ・デスをノーヘルで爆走します!(※プロフェッショナルライダーによる走行です。公道ではヘルメットを被り、交通法規を守って安全運転してください?)

www.youtube.com

シンディが所属するのは、トルネード・スミスが率いるサーカス団。つまり彼女は、過去記事で紹介したモーリーン・スイフトの後輩なのかも? ちなみにトルネード・スミスことジョージ・スミスは、アメリカ生まれのウォール・オブ・デスを、イギリスに持ち込んだ第一人者であります。

こちらの動画の素晴らしさは、何と言っても珍しいカラーフィルムで撮影された点であります。カラーであることの情報量の多さは、白黒フィルムでは望めないものです。彼女が職場にたどり着くまでのイギリスの街中の光景とか、そして本番の走行シーンなど、臨場感がタップリです。

女性がモーターサイクルに乗ることがまだ珍しいことだった時代に、勇ましくモーターサイクルライディングを披露するシンディの姿には、なんだか元気がもらえる気がしますね。およそ2分の動画ですので、ぜひご覧になってください。

Wall Of Death Girl (1963)

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.