自動車雑誌、オートバイ雑誌の老舗出版社株式会社モーターマガジン社全面協力の元、同社出版の【オートバイ(月刊)】より2015年に発売された国産NEWモデルをご紹介。まだまだ気になるあのモデルをおさらい解説していきます。

発売前にかなり話題になっていたYZF-R25のスポーツネイキッドモデルとして発売されたMT-25。
フルカウルのスポーツバイクもいいけど、ちょっとビジュアルが本格的すぎて、ライディングに自信がないと乗っちゃいけないのではないかと尻込みしてしまうスポーツモデルに比べ、比較的敷居が低く所持できると思うバランスの取れたスポーツネイキッド。
スポーツライディングも街乗りも両方楽しみたいタイプのライダーである私には、かなり気になるモデルの1台で、発売がとても楽しみでした。

スペックはほとんどYZF-R25と同じで、エンジンや足回り、フレームまでも同じなので加速や減速はほぼスポーツバイク。大きな違いはハンドルで、低めのバーハンドルが採用されているので、スポーツバイクのような前傾姿勢ではなく、比較的楽な姿勢で乗れるので、デザインも含め、ストリートファイター系の名前に相応しいバイクだと思う。

MTの名にふさわしい 精悍さとスポーティさ!(オートバイ)

画像: ●最高出力:36PS/12000rpm※ ●最大トルク:2.3kg-m/1000rpm※ ■価格、発売時期未定 ■海外モデル ※諸元はインドネシア仕様

●最高出力:36PS/12000rpm※ ●最大トルク:2.3kg-m/1000rpm※
■価格、発売時期未定 ■海外モデル ※諸元はインドネシア仕様

YAMAHAのMTシリーズと言えば、軽量・コンパクトな車体とパワフ ルなエンジンの組み合わせによる軽快なフットワークと自由自在の加速性能で、かなりの人気シリーズとなっているMT-09や07、そしてヨーロッパで好評となっているMTー125が記憶に新しいと思う。その人気シリーズの250㏄モデルが今年、遂に発売されたのだ。

画像: カラー:レッドレイジ/ブラックストライク

カラー:レッドレイジ/ブラックストライク

そのネーミングが示す通り、このモデルは250スポーツクラスに参戦するニューカマー。
ベースとなったのはYZF-R25で、単なるカウルレス化に留まらず、MTシリーズ の名にふさわしい、個性あふれるデザインが施されている。
まず目を引くのが、インパクトあるフロントマスク。MTシリーズのマークをかたどったメーターバイザーに、小ぶりなマルチリフレクターヘッドライトを組み合わせ、精悍な顔つきとしている。サイドにはMTシリーズならではのエアスクー プが設けられ、ボディ同色のアンダーカウルがフォルムを引き締める。 車重は165kg、パワーはインドネ シア仕様で26.5kw(約36PSと発表されており、パフォーマンスにも期待できそうだ。(オートバイ@モーターマガジン社)


This article is a sponsored article by
''.