すみません・・・また駄洒落タイトルをやってしまいました・・・。『馬鹿が戦車(タンク)でやって来る』は、山田洋次監督・ハナ肇主演の邦画の傑作!?として有名ですが、今回ご紹介するのはドイツの馬鹿・・・失礼しました! ドイツのスゴイバイクです。

画像: 山田洋次監督の「馬鹿シリーズ第3作」がこちら。ハナ肇演じる主人公サブが、戦車で大暴れするストーリーです(←大雑把すぎる解説)。ぜひDVDをご覧ください! ecx.images-amazon.com

山田洋次監督の「馬鹿シリーズ第3作」がこちら。ハナ肇演じる主人公サブが、戦車で大暴れするストーリーです(←大雑把すぎる解説)。ぜひDVDをご覧ください!

ecx.images-amazon.com

大きいことはいいことだ・・・でも限度ってもんがあるでしょ・・・?

ハルツァー・バイク・シュミーデ社が開発したこの巨大なバイク、なんとそのエンジンは1950〜1970年代の冷戦期、旧ソ連の主力戦車として活躍したT55の水冷V12気筒ディーゼルエンジン(38.88リッター)! その出力は初期型で500馬力、後期型で800馬力と言われています。

画像: 重量はほぼ5トン、全長は5.5メートルというバカでかさを誇ります・・・。 s-media-cache-ak0.pinimg.com

重量はほぼ5トン、全長は5.5メートルというバカでかさを誇ります・・・。

s-media-cache-ak0.pinimg.com
画像: こちら、エンジン供給元となったT55。世界の軍隊に採用され、数多くの戦争・内紛に駆り出されました。 img00.deviantart.net

こちら、エンジン供給元となったT55。世界の軍隊に採用され、数多くの戦争・内紛に駆り出されました。

img00.deviantart.net
画像: さすがにソロで走らせるのは大変なので? サイドカーが付いております。なおこのカーは、ロシア製中距離ミサイル!のケース部で作られているとか・・・。 i184.photobucket.com

さすがにソロで走らせるのは大変なので? サイドカーが付いております。なおこのカーは、ロシア製中距離ミサイル!のケース部で作られているとか・・・。

i184.photobucket.com

こんなのがやって来たら、無条件降伏するしかありませんな・・・?

このモンスターが動くところ、是非見てみたいな・・・と思ったら、ちゃんとYouTubeに動画がありました。2年前のドイツ「ハンブルク・モーターバイク・デイズEXPO」というイベントの会場内を、進軍・・・もとい走る姿が収録されています。ぜひみなさんも、口あんぐり・・・で見てください?

Motorrad mit Panzermotor ! motorcycle with tank engine !

youtu.be

こういうバカバカしい・・・失礼しました・・・こういう楽しい乗り物が作れるのも、ある意味平和な世の中の証左ですね。過去の記事でも書きましたが、モーターサイクルが活躍できるのはもっぱら平和な時代なのですから・・・。

This article is a sponsored article by
''.