周囲になぜか変態的な恋愛観・性癖を持つ男達を引きつけてしまう、それが私、フレッドです。
私、フレッドのナイショの話をお届けします。

こんばんは。朝でも昼でもこんばんは。私、フレッドです。
最近、ハイボールに凝ってる私、フレッドなんですが、本当に美味しく作るには氷の作り方や、シェイクの仕方にも気を使わなければならない。シンプルだからこそ奥の深いカクテルなんですねえ。私、フレッド、現在求道中です。ハイ。

話は別ですが、私、フレッドの周りはどこかおかしな性癖を持つ友人が多く集まるのです。今日はその中でも黒い三角ビキニをこよなく愛するY岡を紹介しましょう。

黒くなければビキニではない

画像: 黒くなければビキニではない

Y岡は、高校生のときに初めてできた彼女と、3年付き合ったあとに別れたそうです。どちらかというと花柄とかピンクが好きな、ガーリーな彼女に対してY岡は何度もしつこく黒ビキニ、それも三角ビキニを着てくれるよう頼んだのですが、結局一度も着てくれなかったそうです。

「別にそれが別れた理由じゃないけど」とY岡は言います。「でも、そのくらいのこと、好きな男が懇願しても受け入れてくれないなんて、ありえないだろ?」

杉本彩さんがきっかけ

なぜY岡が黒い三角ビキニを好きになったのかというと、中学生のときに杉本彩さんのファンになったことが原因らしいです。杉本さんが黒いビキニ愛好家かどうかは知りませんし、Y岡も杉本さんが黒いビキニを着ていたかどうかの記憶はないそうです。ただ、彼女の美しい肢体に一番似合う衣装を妄想しているうちに、黒い三角ビキニとのセットアップが彼の脳裏の中で出来上がってしまったようです。

Y岡はいまでは杉本彩さんのファンというわけではないらしいですが、ああいう強気でセクシーでお姉さん系な女性には弱いらしいです。Mっ気が少し強いのかもしれません。

とにかく彼は、付き合うたびに黒いビキニを着る事を彼女に懇願し、夏の海やプールだけでなく、真冬でも衣装として着てもらうんだそうです。まあ、男はたいていビキニが好きですから、私、フレッドにもその気分はわからなくもないのですが、たまには赤とか白もだめなのかと聞いたところ、黒でないとダメらしい。そこはちとわかりません、私、フレッドからすると白のマイクロビキニも捨てがたいからです。ハイ。

This article is a sponsored article by
''.