『探偵物語』(たんていものがたり)は、1979年9月18日から1980年4月1日まで日本テレビ系列で全27話が放送されたテレビドラマ。主演の松田優作の中期の代表作。その後も再放送が繰り返された。現在でも名作として人気は高い。- Wikipedia

DVD BOXをお借りして、一気に観ました『探偵物語』。再放送で、だいたい観たとはいえ、全27話を一気見したのは初めてです!

画像: ベスパ、丸いサングラス、ハット、黒いスーツに派手なシャツ。工藤ちゃん! www.amazon.co.jp

ベスパ、丸いサングラス、ハット、黒いスーツに派手なシャツ。工藤ちゃん!

www.amazon.co.jp

松田優作が自ら作り込んでいった永遠のキャラクター”工藤俊作”

白いベスパ(P150X)にまたがり、街を気ままに走り回る黒づくめの長身の男。工藤ちゃんこと私立探偵の工藤俊作。タバコに火をつけるライターはいつも火力全開。シリアスな顔をしてもどこかコミカルな男。
黒いスーツにハット、思いのほか優しい目を丸いサングラスで隠して、工藤ちゃんはさまざまな人々の依頼を引き受け、事件解決に乗り出すのです。

工藤ちゃんのキャラはかなり濃く、嗜好品についてもこだわりが強く表現されています。例えば酒はシェリー酒のティオペペが大好きで、タバコはキャメル。コーヒーはブラックしかのみません。
こういう強い嗜好を押し出すことで、工藤ちゃんの性格やスタイルが明確になります。

また、日曜と午前中は仕事をしない主義、とか、離婚相談など家庭的な問題の依頼は受けない、月に一回ご馳走を食べることを楽しみにしているなど、主義主張を明確にする、一種の偏執的な性格が顕れます。

これらのキャラ設定の多くは、主役を務める松田優作さんが自分で決めていったそうです。真冬の撮影時には、ダウンジャケットを羽織った姿が目に付きますが、このダウンも松田優作さんの私服だったと言います。

画像: この電話の端の方を持つスタイル。独特です。 www.amazon.co.jp

この電話の端の方を持つスタイル。独特です。

www.amazon.co.jp
画像: シリアスなのにコミカル。これまた独特の演技。 www.amazon.co.jp

シリアスなのにコミカル。これまた独特の演技。

www.amazon.co.jp
画像: ベスパで街を走り回る工藤ちゃん。かっこいい! www.amazon.co.jp

ベスパで街を走り回る工藤ちゃん。かっこいい!

www.amazon.co.jp
画像: 白いスーツも決まってます。後ろは岩城滉一さん。27話のうち2回も登場することから、松田優作さんと仲が良かったことがわかります www.amazon.co.jp

白いスーツも決まってます。後ろは岩城滉一さん。27話のうち2回も登場することから、松田優作さんと仲が良かったことがわかります

www.amazon.co.jp

一気に鑑賞して初めて受け取れる、本作のメッセージ

本作は、35年以上前の作品です。
携帯電話がないことで、なかなか連絡の取りようがない。そのためにこじれていく展開。そういう物語の作り方はいまではありえないので、それが古さを感じさせることはあるかもしれません。しかし、全体としていま見ても現代のハードボイルドとして通用する、最高のエンターテイメントであると思います。


演出やドラマ作りの手法、シーンのつなぎなどは、現代のそれと比べればやはり古さは否めないでしょうが、ドラマと舞台裏を自在に行き来してしまう巧妙かつ洒脱なアドリブの多さ、松田優作を始め、助演の成田三樹夫さん、山西道広さん、倍賞美津子さんらの楽しげで自由な演技が、いま見ても新しいのです。

そうそう、工藤ちゃんのグルーピー的な存在、かほり(竹田 かほり)とジェニー(ナンシー・チェニー)の二人も、健康的でそれこそ2010年代のいまなら珍しくない、軽くて明るくてセクシーな女の子を嬉々として演じていて好感持てるのです。彼女たちの存在は、当時は案外違和感があったかもしれないと思わせるほど、今風なのです。

また、工藤探偵を目の敵にしていたはずの、成田三樹夫・山西道広の刑事コンビも、後半には工藤ちゃんへの不可思議な友情を感じさせ始めて、それはちょうどルパン三世と銭形警部の関係にも似て、思わずにやけてしまうほど、暖かい味わいをぼくたちに与えてくれます。

本作は、断片的に見た若い世代には、コミカルで軽妙な工藤ちゃんと、彼を取り巻く仲間たちの交流や、紆余曲折ありながらも工藤ちゃんが場を納めていくストーリーだけが印象深いかもしれません。

しかし、本作をリアルタイムで観た人たちと同じく、本作を味わうには、やはり一気に27話を全部見る必要があるでしょう。

そして、衝撃のラストストーリーを満を持して見る。それが本作を最大限に味わう唯一無二の方法なのです。

あ、最後になりますが、ぼくが一番気に入ったストーリーは「夜汽車で来たあいつ」です。水谷豊さんがゲストで、公私ともに仲が良かったことで知られる松田優作さんとのデュエットも見られます。必見です。

あ、あとSHOGUNが歌う主題歌のかっこよさも、本作の魅力っす!
 

探偵物語 オープニングテーマ BAD CITY バッドシティ 松田優作

www.youtube.com

探偵物語

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.