日産自動車から、いままでのクルマにユニークさが加わった近未来カーが東京モーターショーに登場します!!

TEATRO for DAYZ(テアトロフォーデイズ)

画像: TEATRO for DAYZ(テアトロフォーデイズ)

コンセプトモデルとして作られたのは、軽の電気自動車(EV) 「TEATRO for DAYZ(テアトロフォーデイズ)」 !!!!TEATRO for DAYZは、スマートフォンをごく身近に利用する若い世代向けのクルマでコンセプトは 『真っ白なキャンバス』

画像1: www.diariomotor.com

www.diariomotor.com

どういうことかと言いますと、元はこのように真っ白な車内なのですが、ワンタッチ操作で、その日の気分に合わせてクルマをアレンジさせることができるのです!

画像2: www.diariomotor.com

www.diariomotor.com

つまり車内を劇場や映画館にいるかのように、インストルメントパネルをはじめとしたインテリア全体にリアルな映像を映し出すことができるのです!

画像3: www.diariomotor.com

www.diariomotor.com

また、計器や各種インフォメーションをすべてインストルメントパネルのスクリーンに映し出されます。メーターやカーナビゲーションなどは、好きな場所に、好きな大きさで自由に配置することができ、必要なければ、消してスペースを有効に使えるのも特徴です。

画像: www.nissan-global.com

www.nissan-global.com

クルマ本来の目的である“移動”以外の機能に楽しみがあふれている「TEATRO for DAYZ(テアトロフォーデイズ)」。間近で見てみたい!という方は、10月30日から開催される東京モーターショーでぜひご覧になってくださいね!

This article is a sponsored article by
''.