2015年MotoGPもあと5戦。

ライダースランキングはロッシとロレンソのYAMAHAマッチレースになってきています。

心情的にはレジェンド ロッシに優勝してほしいというファンも多いかと思います。

今回の13戦では惜しくも転倒・リタイヤしてしまったロレンソですが、その速さは恐らく今期は全チームを通じてナンバーワンでしょう。果たしてロッシはロレンソを抑え切ることができるのでしょうか??それともロレンソが、その勢いを維持して、残り5戦で逆転するのでしょうか??

HONDAのマルケスは3位を堅守しているものの、1位のロッシに60点以上の差をつけられており、さすがに逆転は難しそうです。

画像: race.yamaha-motor.co.jp

race.yamaha-motor.co.jp

ロッシのコメント
「このレースで優勝することよりチャンピオンシップのほうが重要。それが一番の目標だからね。ホルヘは不運にも転倒し、僕は11ポイントを獲得。ということはチャンピオンシップを考えるなら良かったんだと思っているよ。でも表彰台を逃したことは残念。(中略)まだ5レースが残っており、ホルヘはいつでも優勝できる能力を持っている。マルケスももちろん手強いライバルだ。つまり獲り合うことになるポイントがまだまだたくさん残っているということ」

ロレンソのコメント
「今シーズンは概してアンラッキーだと思っているけれど、そのなかでもこの2戦はとくにひどい。つまりどちらも優勝か、少なくとも2位には入れるはずのところだったんだ。でもそれがレースというもの…。(中略)でもすべてを失ったわけではない。残りのレースを全部、勝ったとしたらチャンピオンになれる。その場合はバレンティーノが何位であろうと関係ないんだ」

二人のYAMAHA トップライダーのランキング争い、それが終盤戦の最大の見所、です。
見逃せませんね!!

This article is a sponsored article by
''.