画像: itatwagp.com

itatwagp.com

2015年6月27日(土)、ロードレース世界選手権アッセン戦、モト3クラスの決勝が行なわれた。

その大会で、ニクラス・アジョ(KTM)が最後のハードブレーキングで転倒しかけ、ハンドルを握ったまま、マシンの片側で両膝をつく状態でゴールし、拍手喝采を受けていた。

Ajo's superstar save

youtu.be

「今回は、自己ベストの成績が残せる位置にいたから残念だよ。次も同じような走りをするつもりだ。最後のは除いてね」

この状態で走行しても大した怪我が無いなんて、革ツナギって本当にかなりのガード力なんですね(@_@)順位は落ちちゃって残念だったけど、無事ゴールできて本当に良かった。何があってもチェッカーを目指す。レーシングライダーの信念を垣間見れたレースなのでした(*´▽`*)

This article is a sponsored article by
''.