画像: ついに発売日が決定。2015年7月13日、HONDA RC213V-Sが公道を”サーキット”に変える。

日本円で日本税込21,900,000円のスーパースポーツ。
もちろんフェラーリではありません。ランボルギーニでもありません。マクラーレンでもないってば。

そう、これはHONDA。このロレンスでも何度か報じてきましたが、世界最高峰の二輪レースMotoGPで華々しい成績を収め続けるHONDAのRC213Vの公道バージョンなんです。SはやっぱりストリートのSですかね。
Kawasaki H2やYAMAHA YZF-R1/R1Mも、スーパーバイク選手権やMotoGPで活躍するマシンの”公道化”という意味では同じカテゴリーなんですが、このRC213V-Sは、ちょっとそれとは違います。H2やR1/R1Mはレーシングマシン開発で培ったノウハウで作った最初から公道用のマシンなわけですが、RC213V-Sは掛け値なしにレーシングマシンそのものと言っていいからです。レーシングマシンに公道を走れるための最低限の保安部品や仕様変更にとどめただけなんですから。

「RC213V‐S」の開発に当たっては、RC213Vの動力性能の再現ではなく、完成車としてのパッケージングとRC213Vのライディングフィールを限りなく再現することを目的に開発しました。一方で、レーシング・サーキットなどのクローズドコースにおいてのみ、RC213Vの世界に近付いた速度域での走行を可能とすべく、別途クローズドコースのみで使用可能な「スポーツ・キット」の設定を実現しています。

これにより、『RC213V‐S』は一般公道においても、RC213Vが持つライディングフィールの体感を可能とし、クローズドサーキットにおいては、より高い次元での走行を可能としています。

また、RC213Vはライダーやコースごとの仕様変更を前提に、勝つために必要とされる部品のみで構成されます。しかし、「RC213V‐S」は、一般公道の走行が前提のため、RC213Vから一般公道を走行するための必要最低限の変更と追加にとどめ、それ以外は全てRC213Vを踏襲しています。

RC213V-Sは、専用Webサイトで、7月13日00:00(CET:中央欧州時間)から世界同時商談開始だそうです。

どうですか??
数千万円のポルシェやフェラーリ、もしくはアゲーラのような億単位のウルトラスーパーカーを追い回せる真の最速マシンを2000万++ で入手できるチャンスです。

2015年7月13日、ですよ。

This article is a sponsored article by
''.