バイク王バイクライフ研究所が2018年9月~11月の期間を対象に“リセール・プライス”の高いバイクTOP10を発表しました。首位は3回連続トップを守り続ける『カワサキ・Z900RS』他にはどんなバイクがランクインしたのでしょうか。

『リセール・プライス』とは

バイクを再び売却(=リセール)するときの価格(=プライス)を指します。
2019年1月現在、新車で購入が可能なバイクを対象とし、オークションで売却した際の落札金額の 平均値と新車販売価格を基に『リセール・プライス』をポイント化。ポイント数が高いほど、『リセー ル・プライス』が高いと想定できます。

首位独占中の『カワサキ・Z900RS』

前回・前々回に引き続きカワサキ・Z900RS が3回連続で1位を獲得しました。

www.kawasaki-motors.com

2017 年 12 月に発売されて以降、仕様・カラーリングなどの変更がなされておらず、普遍的な魅力を持つスタンダードモデルとしてのポジションを確立しつつあります。このような理由から、多くのライダーから支持されたことによる継続的な高値傾向であると考えられます。

気になる2位以降も見てみましょう。

1位に3.0pt及ばず2位にランクインしたのは「カワサキ・Z900RS CAFE」

www.kawasaki-motors.com

ここまでカワサキのバイクがツートップで上がってきましたが、3位にランクインしたのは...?

突然ですがクイズにしちゃいます!!

  • ホンダ・モンキー125

    お見事!!正解ですっ★★★

  • ホンダ・スーパーカブ C125

    惜しいっ!ホンダ・スーパーカブ C125は5位でした。

  • ホンダ・PCX

    残念っ!ホンダ・PCXは7位です。

  • ホンダ・モンキー125
    54
    47
  • ホンダ・スーパーカブ C125
    22
    19
  • ホンダ・PCX
    24
    21

正解できましたか??
見事3位だったのは ホンダ・モンキー125

画像: www.honda.co.jp
www.honda.co.jp

当モデルは 2017 年に惜しまれながらも販売終了となったモンキー(50cc)の特徴である「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」などのイメージを踏襲しつつ、“アソビの達人”をコンセプトに開発された原付二種モデルです。

総合ランキング

順位メーカー・車種リセール・プライス
1カワサキ・Z900RS90.3Pt
2カワサキ・Z900RS CAFE87.3Pt
3ホンダ・モンキー12585.8Pt
4ホンダ・モンキー125 ABS84.9Pt
5ホンダ・スーパーカブ C12583.9Pt
6カワサキ・Ninja H2 SX83.6Pt
7ホンダ・PCX83.3Pt
8カワサキ・Ninja 25080.6Pt
9ホンダ・Gold Wing Tour78.7Pt
10ホンダ・PCX15077.8Pt
バイク王 バイクライフ研究所調べ

TOP10出揃いましたが、表を見てわかるように原付二種のランクイン数が過去最多になりました!

新年を迎え春のバイクシーズンに向かっていく中で、今後のランキングにどんな変化を及ぼすのか、 引き続き『リセール・プライス』ランキングにご注目ください!!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.