最近物欲なくてさ、なんて呟いてなんかいませんか?最近出不精で何もやる気にならない、なんてぼやいてなんかいませんか?
何かにハマって夢中になってこそ、人間。何かにヤバイくらい酔ってこそ、人生。
去りゆく(いや早く去ってほしい?)夏を惜しむ、2018年9月のハマりものとは??

NIKEのバスケットシューズ エアフォースワン

1982年にバスケットボールシューズとして生まれたエアフォースワン(アメリカ大統領専用機から命名)。
レザーベースのこのスニーカーは、見た目のゴツさに比べてとても柔らかく履きやすい。厚めのミッドソールは高いクッション性を誇る。

実は最近ちょっと腰を痛めてしまい、硬いソールのブーツ(ライディング用とかね)や革靴が好きな僕にしても歩くたびに腰に衝撃が走るのを我慢できなくなった次第。そこでヒールにショックアブソーバーを持つNIKE AIRを採用したこのスニーカーを試してみようと思ったわけ。

ブーツの代わりだから、華奢な感じよりもゴツめのほうがいい、ということで、エアフォースワンを選びました。とりあえずど定番の白と、黒を購入。ヘビロテで履いてます。
バスケットボールプレイヤーのために開発され、やがてヒップホップカルチャーとの親和性からストリートファッションのアイコンとなったこのスニーカー。実に快適です。

ノンアルコールビールの最高峰!「龍馬1865」

僕はここ数年めっきりビールを飲まなくなった。代わりに何を飲むかというと、まあ流行りに乗っているようで恐縮だがハイボール。ジャック・ダニエルがあればいいが、ない場合は原則角ハイ一択。僕は米麦の酒があまり好きではなく、焼酎は芋しか飲めないしウィスキーもバーボンだけで、スコッチ系やジャパニーズウィスキーは苦手。ただ、炭酸で割ればなんでも飲めるから、ジャックがなければどんなウィスキーでもいいわけなのだが、響とか山崎で割るのは(そもそもその美味しさが分からない僕には)もったいなすぎて、できるだけ角で済ませたいのである。

ちょっと話が脱線したが、酒を飲む席なのに、アルコールを飲むわけにいかないというシーンがままある。(車できちゃっていたり、そのあと仕事だったり、前日飲み過ぎて休肝日にしたかったり、ね)そんなとき、ハイボールの代わりに炭酸水を飲むのは味気なく、シチュエーションに合わせて選択するとなると、一番いいのはノンアルコールビール、ということになるのではないか?

でも、大抵のノンアルは僕の口に合わなくて。常時我慢して飲んでいることが多いのだが、この龍馬1865は違う。実に美味しく、最後の一滴まで飲みきれるのである。置いてある店はほとんどないのが玉に瑕だがw、自宅で食前酒的に飲むために買い置きするなら、ネットでいくらでも安く手に入れることができるのでオススメしたい。

なにせこの龍馬1865、原料は麦芽、ロースト麦芽、ホップのみ。苦味が効いた、辛口のビールの味がする。ビールテイスト、というより、アルコール抜きのビール、という感じがするのだ。

ちなみに、このネーミングは、龍馬、つまり坂本龍馬が(英国の武器商人グラバーからもらったという)ビールを初めて飲んだ年が1865年だった(らしい)というエピソードからきているとのこと。なぜ龍馬をモチーフにしているのかはよく知らないが(笑)、僕を含めて大抵の男は龍馬好きだから、とりあえずジャケ買いならぬパッケージ買いをしてしまうことを狙っているのかもしれない。ただ、例えそうだとしても、前述のように実際確かに美味しいから後悔はしないはず。

飲んだことがない人はぜひ、このノンアルコールビールを選んでもらいたい。
太鼓判を押させていただく。

This article is a sponsored article by
''.