葛飾北斎「春画」木版画復刻プロジェクトが発足! 第1弾として「北斎あぶな絵名画撰」特彫全3図が発売されます。9月には記念イベントも行われるとのこと。要チェックです。

浮世絵かっこいい! もっと多くの人に知って欲しい

19世紀、フランスを中心にヨーロッパに巻き起こったジャポニズム(日本趣味)をきっかけにゴッホ・モネ・ロートレックなど当時のヨーロッパの印象派の画家たちに多大なる影響を与えた浮世絵。今まで見た事もなかったような、克明に描かれた日本の生活風俗の絵画描写に彼らは驚愕しました。

画像1: 浮世絵かっこいい! もっと多くの人に知って欲しい

浮世絵は肉筆と木版画を共有する独自の文化を持ちながら、特に木版画の他に類を見ない多色摺などその技術を進化させていきます。印象派の画家達はその中で肉筆ではなく、木版画の芸術技法に大いなる興味を注いだと言われています。

画像2: 浮世絵かっこいい! もっと多くの人に知って欲しい

その絵師・彫師・摺師の三位一体の協力体制から生まれる伝統文化・技術の結晶である浮世絵木版画の中でも彫師・摺師の技術が非常に繊細で高度なものを求められるのが「春画」! その「春画」への取組みにより木版画技術の向上と、日本を代表する素晴らしき木版画をより多くの人に知ってほしいとはじまったのが本プロジェクトです。

葛飾北斎「春画」木版画復刻プロジェクトスタート!

第1章として葛飾北斎の各春画タイトルより、「春画」研究で知られる国際日本文化研究センター早川聞多名誉教授の監修、国際日本文化研究センターの協力のもと「春画」3図を江戸時代から浮世絵を専門とする「彫り」、「摺り」の技術を継承する職人たちによって復刻。

これまで数々の「春画」ムック本を出版している株式会社平凡社とのコラボレーションにより別冊太陽特別企画「北斎あぶな絵名画撰」特彫全3図として世界限定500セットが発売されます。

予約注文は2018年9月8日スタートが予定されており、商品詳細は9月初旬に発表予定です。買えなくても気になる。気になるぞ。

記念イベントもやります

葛飾北斎「春画」木版画復刻プロジェクト作品発表を記念して「北斎あぶな絵名画撰」特彫全3図の展示と共に日本画・木彫・映像・パフォーマンス・墨絵・洋画等、 様々なジャンルの表現者たちによる「春画」をモチーフとした作品展示を行うイベント『nuranura展 2018』も実施。会期は2018年9月8日〜9月23日、場所は秋葉原駅ちかくの「The 1/3rd Gallery」です。

ちなみに18歳以下は入場不可です。オトナでよかった。

イベント概要

イベント概要葛飾北斎「春画」木版画復刻記念
nuranura展2018 15人のアーティストと北斎復刻春画
開催期間2018年9月8日(土)〜9月23日(日)
*レセプションパーティは9月8日(土)18時から
開催時間12時〜20時
開催場所東京都千代田区外神田4-9-2 千住ビル5 2階
「The 1/3rd Gallery」
参加アーティスト淺野健一
Etsuko kobayashi
木村了子
KIRIE
日下部泰生
こうじょう雅之
ZIGEN+ AIKA YOSHIOKA
瀬川三十七
中尾 変
NANCY SNAKE
牧田恵美
MICROU
吉井だりあ
Riexy
WC
公式サイトhttp://www.nura2.com/

This article is a sponsored article by
''.