アジア14カ国、2500以上のブランドから厳選されたアジア拠点のハイエンドブランドのみを取り扱う「SIXTY PERCENT(シックスティーパーセント)」がオンライン限定でグランドオープン。7月上旬に関連者向けにシークレットローンチしたと同時に問い合わせが殺到しており、既に完売が相次いでいます。お早めのチェックを!

アジアから世界進出を狙う「SIXTY PERCENT」

LVMH出身者×若手起業家のタッグ

SIXTY PERCENTは、LVMH出身でストリートブランド「NERDUNIT」を経営する松岡氏および、ファッションメディアやクリエイターのマネジメント事業を展開する真部氏が展開するオンラインショップで、新進気鋭なアジアブランドをまとめ上げ、アジアのファッション概念を覆すショップを展開しています。

画像: SIXTY PERCENT official teaser (0613_2018) youtu.be

SIXTY PERCENT official teaser (0613_2018)

youtu.be

SIXTY PERCENTが取り扱うブランドは、主に世界4大都市のファッションショーへ参加しているブランドが軒を連ね、新進気鋭のアジアブランドのアイテムが300以上も掲載されています。ハイストリートで知られる韓国の人気ブランド「13 MONTH」や「HUPOT」、ハイプビーストでも特集された「MORE THAN DOPE」、東コレ常連ブランドの「KATO ZIN」などなど、述べ15ブランド以上が出店中。

流行中のストリートシーンからモードスタイルまで、男女の垣根を超えたアイテムを取り扱っているのが特徴。また、取り扱いアイテムは服のみならず、アクセサリーやサングラス、シューズ等、ファッションに関連するものをトータルで取り扱っています。

2018年7月27日にオープンしたばかりですが、既に完売続出。お早めにチェックを!

This article is a sponsored article by
''.