2018年7月26日(木)~29日(日)に、鈴鹿サーキットにて開催される「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会」の、28日(土)に行われる「鈴鹿8耐 前夜祭」で実施される「ワールドライダートークショー」に中上貴晶選手、ジョナサン・レイ選手、シルバン・ギュントーリ選手、ジョー・ロバーツ選手の出演が決定しました。

鈴鹿8耐前夜祭の19:40から始まるこの「ワールドライダートークショー」は、Honda、Kawasaki、SUZUKIの、世界で活躍するハンパないライダーが登場し、翌日に控えた決勝レースの意気込みを語ってもらいます。本番前のライダーのリアルな気持ちが聞けると超貴重な場面となっています。

今大会に現役MotoGPTMライダーとして唯一の参戦となるRed Bull Honda with 日本郵便の中上貴晶選手、ワールドスーパーバイク選手権(WSBK)で史上初の3連覇を達成中のKawasaki Team GREENのジョナサン・レイ選手、2014年のWSBKチャンピオンで、ヨシムラスズキMOTULレーシングから参戦するシルバン・ギュントーリ選手、現在ロードレース世界選手権Moto2TMクラスに参戦中のTeam KAGAYAMA U.S.A.のジョー・ロバーツ選手の4名が出演しますよ!

前夜祭ならではの、チームの垣根を越えたトークにぜひご期待ください。

なお鈴鹿8耐 前夜祭は、観戦券をお持ちの方であればどなたでも楽しむことができるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

This article is a sponsored article by
''.