2018年7月8日、ミサノにて行われたスーパースポーツ世界選手権 第8戦。約2ヶ月の夏休み前に優勝したのはこのライダーでした!

予選はカリカスロが今季初ポールを獲得!

予選はランキング6位で最近調子を落としていたカリカスロが今季初のポールポジションを獲得しました。去年のヘレス以来、9戦ぶりのポール獲得になります。今季好調のヤマハ勢ですがヤマハワークスは開幕戦以来勝てていません。このまま逃げ切れるのかに注目です。2位に今季絶好調のクルーゼル、3位にアッセンで最後尾から2位まで追い上げたクルメナッハーが入りました。日本の大久保光は予選9位からのスタートになりました。

カリカスロが今季初V!大久保は今シーズンベストの9位でフィニッシュ!

レースはクルーゼルがスタートを決めトップで1コーナーへ。カリカスロが2位、デ・ロサが3位に上がります。大久保は得意のスタートを決めて5位に浮上。

2周目に4位につけていたマヒアスがターン10でハイサイド!後ろにいた大久保は巻き込まれませんでしたがポジションを落としてしまいます。

4周目にスタートを決めたもののペースが上がらないクルーゼルをカリカスロ、デ・ロサが立て続けにパス!6周目にはコルテセにもパスされ4位に後退してしまいます。

トップ3は僅差の戦いを繰り広げましたが、レース終盤はデ・ロサ以降のペースが落ち、順位そのままでチェッカー!カリカスロは今季初優勝、ヤマハワークスにとっても開幕戦以来の優勝となりました!2位のデ・ロサは4戦連続の3位からミサノでは一つ順位を上げてのフィニッシュ、MVアグスタでヤマハ勢に食らいついていますが、地元で嬉しい2位となりました。3位にはコルテセが入りランキング首位をキープし夏休みに突入となりました。

画像1: www.worldsbk.com
www.worldsbk.com

大久保は初めてのシングルフィニッシュとなる9位でゴール!最終ラップには自己ベストも記録するなど、収穫のあるレースとなりました。この先もシングルフィニッシュに期待しましょう!

画像2: www.worldsbk.com
www.worldsbk.com

次戦の第9戦ポルティモアは9月16日開催となります。シーズンも残り4戦、まだまだ誰がチャンピオンになるのかわかりません!そして大久保の活躍にも期待しましょう!!

This article is a sponsored article by
''.