多くのバイク乗りから長年愛され続けたレジャーバイク「ホンダモンキー」。モンキー誕生は、なんとホンダが運営する遊園地の乗り物だったのをご存知でしたでしょうか!?それを見た外国人が「可愛い!」って思ったことで輸出モデルが製作されたことから始まるのです。この連載では、あまり知られていないモンキーの原点から歴代の車種を振り返ってご紹介していきます。

「できる限り小さなオートバイを!」今や幻となったモンキーの原点「Z100」

画像: 1961 Z100 ●エンジン型式:空冷4ストロークOHV単気筒●フレーム型式:バックボーンスチールパイプ●サスペンション(前・後):リジッド●タイヤサイズ(前後ともに):3.50-5

1961 Z100
●エンジン型式:空冷4ストロークOHV単気筒●フレーム型式:バックボーンスチールパイプ●サスペンション(前・後):リジッド●タイヤサイズ(前後ともに):3.50-5

モンキーの原点となったモデルは、この「Z100」。そもそもホンダの若手の技術者らが「できる限り小さなオートバイを!」と製作し、社内アイデアコンペを勝ち抜いたものがルーツだったという。このZ100はモンキーという名前こそ与えられていないものの、スーパーカブ系ベースの50㏄エンジン、小径ホイールを活かしたコンパクトで愛らしいスタイリング、分割式ハンドルなど、後年のモンキーの基本的なイメージをもらさず備えている。

1961年の第8回日本自動車ショウで初公開された後に、当時ホンダが経営していたモータースポーツをテーマにした遊園地・多摩テックの遊具として採用され、大人から子供までの来園者の人気を集めるようになる。しかしついに市販はされず、極めて少数のみが生産されるにとどまった。

画像: シートと連続したラインを描く、逆三角形デザインのコンパクトなタンクがZ100の特徴。正確には樹脂製のカバーで、内部に金属製のタンク本体が収められている。

シートと連続したラインを描く、逆三角形デザインのコンパクトなタンクがZ100の特徴。正確には樹脂製のカバーで、内部に金属製のタンク本体が収められている。

画像: スーパーカブC100用ベースの49㏄OHV単気筒エンジンを搭載。自動遠心クラッチを採用した3速ミッションの扱いやすさが、子供も乗ることが多い遊具用には最適だった。

スーパーカブC100用ベースの49㏄OHV単気筒エンジンを搭載。自動遠心クラッチを採用した3速ミッションの扱いやすさが、子供も乗ることが多い遊具用には最適だった。

人気に応えた初の市販モデル「CZ100」。大きなタンクと小さな車体のコミカルさ

画像: 1963 CZ100 ●エンジン型式:空冷4ストロークOHV単気筒●最高出力:4.3ps/9,500rpm●フレーム型式:バックボーンスチールパイプ●サスペンション(前後ともに):リジッド●タイヤサイズ(前後ともに):3.50-5

1963 CZ100
●エンジン型式:空冷4ストロークOHV単気筒●最高出力:4.3ps/9,500rpm●フレーム型式:バックボーンスチールパイプ●サスペンション(前後ともに):リジッド●タイヤサイズ(前後ともに):3.50-5

海外からも注目されるようになったZ100の人気に応えて、初めて輸出向け市販モデルとして1963年に姿を現したのが「CZ100」。5インチホイールに前後リジッドサスという車体の基本構造はZ100から受け継ぐが、スポーツカブ用タンクとシートを流用し、これに合わせて細部を変更。大きなタンクと小さな車体のアンバランスさによって、よりコミカルな雰囲気もさらに強調。

エンジンもやはりZ100と同じ、自動遠心クラッチ3速ミッションを備えたスーパーカブ系ベースの50㏄エンジンだが、タンクの変更に合わせてキャブレターをダウンドラフトタイプに変更。4.3psという最高出力は、実は歴代モンキーのノーマル状態では最高のパワーでもある(Rは除く)。イギリスをはじめとする欧州諸国、そして北米などに輸出された。

画像: リアフレームまわりのデザインをZ100から変更し、ループの内側にあったリアアクスルとチェーンアジャスターが外側に移動。エンジンマウントまわりのフレームも改良された。

リアフレームまわりのデザインをZ100から変更し、ループの内側にあったリアアクスルとチェーンアジャスターが外側に移動。エンジンマウントまわりのフレームも改良された。

画像: スポーツカブと燃料タンクを共用することでコストダウンを図った。側面にメッキパネルを装着した高級感のあるデザインは、当時のホンダ製スポーツモデルと共通のイメージ。

スポーツカブと燃料タンクを共用することでコストダウンを図った。側面にメッキパネルを装着した高級感のあるデザインは、当時のホンダ製スポーツモデルと共通のイメージ。

モンキーの始まりが遊園地の乗り物だったなんて衝撃ですよね。次回の連載では、「最初に国内市販されたモンキー」ご紹介をしていきます。ぜひお楽しみに!

モンキー125がいよいよ発売!こちらの記事も読んでね。

This article is a sponsored article by
''.