今年、全日本JSB1000の渡辺一馬、BSB(英国スーパーバイク選手権)のレオン・ハスラムと組んで、チームグリーンから"コカ・コーラ 鈴鹿8耐"に参戦することを表明しているジョナサン・レイですが、2019年から2年間、引き続きカワサキでSBK(世界スーパーバイク選手権)に参戦することが明らかになりました! 

これでスッキリした気分で、鈴鹿8耐を戦えますね!?

昨年までSBK3連覇中で、今年も4連覇に向けて視界良好なレイですが、今期でカワサキとの契約が満了するため来期の動向が注目されていました。彼のマネージャーが複数のMotoGPチームと接触していることが明らかになり、レイ本人も戦闘力のあるマシンのシートに座れるなら・・・とMotoGPへの転向もやぶさかでないみたいなコメントをしていたことから、来期レイはSBKのカワサキチームから離れるかも・・・と予想した人も多かったようです。

しかし、6月上旬すでにファクトリー勢のシートが埋まったため、まだ空席はあるにせよあえて上位進出が難しいサテライト勢のシートを選ぶこともない・・・とレイ側は判断したのでしょうか? ともあれ6月11日に、カワサキとレイは今のチームとさらに2年、共に戦うことを発表しました。

画像: 2019、2020年もカワサキでSBKを戦うことを決めたJ.レイ(左)。 www.worldsbk.com

2019、2020年もカワサキでSBKを戦うことを決めたJ.レイ(左)。

www.worldsbk.com

来期の契約が決まったことで、レイも気分的にはスッキリしていることでしょう。今年のSBKランキングは首位をキープしていますし、これで迷うことなく思いっきり鈴鹿8耐を戦うことができますね! 来月末の鈴鹿で、レイのパフォーマンスを見ることを楽しむにしましょう!

なおこちら↓は、「Kawasaki Racing Team WorldSBK」の公式Facebookページに掲載された、レイからのメッセージです。ぜひご覧ください!

This article is a sponsored article by
''.