ハーレーダビッドソン公式ミュージック & キャンプ・フェス『BLUE SKY HEAVEN』(ブルースカイヘブン)、通称『ブルスカ』。ハーレー大好きな大人が集うこのビッグイベントで、音にこだわる大人たちを見て楽しませたのは、BOSE(ボーズ)最高峰のポータブルBluetoothスピーカー、SOUNDLINK REVOLVE+だった。

ブルースカイヘブン2018に集まった多くの"音にこだわる"大人たちを魅了した『BOSE SOUNDLINK REVOLVE+』

2018年5月19日(土)と20日(日) の2日間にわたり富士スピードウェイにおいて開催されたのが、ハーレーダビッドソン公式ミュージック&キャンプ・フェス『BLUE SKY HEAVEN』(通称ブルスカ)。ハーレー大好き、バイク大好き、音楽も大好き!というオトナが集まる大規模なイベントだ。

(今回はロレンス編集部から2名参加させていただいた)

画像: 2018年5月19・20日の2日間、富士スピードウェイを会場に開催されたハーレーダビッドソン公式ミュージック&キャンプ・フェス『BLUE SKY HEAVEN』(通称ブルスカ)。

2018年5月19・20日の2日間、富士スピードウェイを会場に開催されたハーレーダビッドソン公式ミュージック&キャンプ・フェス『BLUE SKY HEAVEN』(通称ブルスカ)。

今年は『ブルスカ』開催20回目という記念すべきアニバーサリーイヤーを迎え、さらにハーレーダビッドソンも創設から115周年ということもあり、会場内はどこも大賑わい。フードやアパレルなど多種多様なブースを楽しむことができるが、ひときわ参加者の注目を集め、独特の雰囲気を纏っていたのが他ならぬBOSEによるブースだ。

画像: 不等間隔で爆発する迫力の重低音がハーレーオーナーの心を掴むが、音楽イベントでもある『ブルスカ』のイベント初日(2018年5月19日)に行われた、5組のアーティストによる豪華LIVEもまた、上質の音にこだわる大人たちの耳をおおいに満足させた。

不等間隔で爆発する迫力の重低音がハーレーオーナーの心を掴むが、音楽イベントでもある『ブルスカ』のイベント初日(2018年5月19日)に行われた、5組のアーティストによる豪華LIVEもまた、上質の音にこだわる大人たちの耳をおおいに満足させた。

BOSEブースで人々の心(目x耳)を奪ったSOUNDLINK REVOLVE+

そう、 このガジェットこそ、BOSE(ボーズ)最高峰のポータブルBluetoothスピーカー、SOUNDLINK REVOLVE+。360°全方位に音が広がるサウンドスピーカーなのだ。

画像: 360°全方位に音が広がるサウンドスピーカー、「SOUNDLINK REVOLVE+」。今回のブースではこの製品の使用感を体験できた。 カラーはLux Gray、Triple Blackの2色展開。価格は37,800円(税込)。

360°全方位に音が広がるサウンドスピーカー、「SOUNDLINK REVOLVE+」。今回のブースではこの製品の使用感を体験できた。
カラーはLux Gray、Triple Blackの2色展開。価格は37,800円(税込)。

このREVOLVE+、とにかくユニークでクール。

これまでのスピーカーとは異なるその不思議なフォルムは人々の目を惹きつける。また継ぎ目のない美しいボディはシンプルかつスタイリッシュだ。製品の下部をみてみると、円筒状のボディの全方位に小さな穴が空いているのがわかる。

360°に広がるサウンドはとにかく豊かで大音量。周りにいるすべての人に、同じ音質のサウンド届けることができる仕様なのだが、とにかく、高さ20cmにも満たない小さなスピーカーとはとても思えないほど重厚でパワフルなのだ。

ワイヤレスで接続させて音楽を再生させる、Bluetoothスピーカーだから、室内でも野外でも使い方は自由。

ハーレーがあればどこへでも風のように飛んで行けるかのような自由さを得られるように、REVOLVE+が1台あれば、いつでもどこでも最高のサウンドを持ち運べるということだ。しかも、このREVOLVE+、衝撃に強い設計となっており、少しぐらいの落下であれば問題なく使用することができる。

バイク乗りにとっての大敵といえば雨。ワイルドなハーレー乗りなら少しくらいの雨なら気にならないかもしれないが、REVOLVE+はIPX4に対応した防滴使用なので、ライダーが平気なくらいの雨なら気にせず使用することができるのだ。

さらにREVOLVE+は長時間再生可能なバッテリーを搭載しているから、一日中外に持ち出しても電池切れの心配はほぼ不要(連続再生時間: 最大16時間)。

なるほど、BOSEブースに集まった人たちが夢中になるのも無理はない、ってことだ。

画像: コンパクトなボディにデュアルパッシブラジエーター、トランスデューサー、360°の音響デフレクターといったテクノロジーが搭載されていることにより、高品質な低音と均一した音声を広範囲に再生することが可能なのだという。

コンパクトなボディにデュアルパッシブラジエーター、トランスデューサー、360°の音響デフレクターといったテクノロジーが搭載されていることにより、高品質な低音と均一した音声を広範囲に再生することが可能なのだという。

ハーレーの心臓はVツイン。
SOUNDLINK REVOLVE+の真骨頂はツイン(2つのスピーカー)で楽しむ迫力のサウンド

実はこの、REVOLVE+にも、さらにすごい音のマジックが用意されている。

REVOLVE+が持つ魔法とは、パーティモードステレオモード、の2つのモード。

どちらのモードも、スマホに無料のBOSE Connectアプリをダウンロードすれば簡単に設定することができるのである。

広い空間で迫力のあるサウンドを楽しむならパーティモード(左右のスピーカーが同期)

パーティモードは、広い空間で大音量を楽しむためのもので、全く同じ音(音楽)を2台のREVOLVE+で同時に再生する。

臨場感溢れるダイナミックなサウンドを楽しみたいならステレオモード(左右のチャンネルに分離)

ステレオモードは、とにかく音質にこだわり抜いて、臨場感溢れるサウンドを楽しむためのもので、2台のREVOLVE+で左右のチャンネルに分かれたサウンドを再生する。(単体ではモノラル仕様)

REVOLVE+の真の楽しみ方は、このパーティモードとステレオモードにある、と言っても過言でないかもしれない。

画像: Bose SoundLink Revolve – Party and Stereo Modes youtu.be

Bose SoundLink Revolve – Party and Stereo Modes

youtu.be
画像1: 臨場感溢れるダイナミックなサウンドを楽しみたいならステレオモード(左右のチャンネルに分離)

ちなみに、ペアリングしたモバイル機器は最大8台まで記憶でき、同時に2台まで接続できるので、誰でも手軽に操作をすることができるのだ。三脚用のネジ穴を使ってスタンドに設置したり、ハンドルを引っ掛けて使用することも可能だ。

このハンドル、弾力あってとても丈夫な布素材でできていて、どこかに引っ掛けて使ったり、持ち運びに便利だが、引っ掛けた箇所を傷つけたりする恐れはないし、持ち運んでいる途中で切れてしまうことを心配する必要もない。

画像2: 臨場感溢れるダイナミックなサウンドを楽しみたいならステレオモード(左右のチャンネルに分離)

Vツインエンジンの音とライブの音楽が響きわたる特別な空間

富士スピードウェイは緑が多く開放的な敷地だ。『ブルスカ』では初夏の富士の空気を味わいながらキャンプサイトを利用することができるので、私たち(ロレンス編集部)もキャンプエリアに足を運んでみた。

画像: ブルスカにくる富士スピードウェイ来場客はバイクでくるのが当たり前。キャンプ入り口。

ブルスカにくる富士スピードウェイ来場客はバイクでくるのが当たり前。キャンプ入り口。

『ブルスカ』が他のキャンプ・フェスと決定的に違う点は、何といってもイベントまでの足が“バイク”であること。たいていの参加者は愛車のハーレーで会場に訪れテントで一夜を過ごす。オーナー同士で交流を深めることができるのもこのイベントの良さである。ハーレーオーナーは行きも帰りも(法定速度遵守しながらも)全力。とにかくワイルドなのだ。

画像1: Vツインエンジンの音とライブの音楽が響きわたる特別な空間

彼らはキャンプ用具をバイクに積んでくる上、中には遥々九州からやってくる人もいる。長時間山道を走ってくるわけだから、当然そのあとはメンテナンスも必要だろう。会場では愛車の手入れに余念がないオーナーたちの姿も多く見られた。

画像2: Vツインエンジンの音とライブの音楽が響きわたる特別な空間

もちろん共に旅をした愛車を手入れするのは苦ではないだろうが、すこし物足りなさを感じるかも?もしそんな時、上質なサウンドが加われば一気に気分もあがるのでは?

REVOLVE+を傍に置いて、お気に入りの音楽をかけながら愛車を労ってあげたなら、テンションも相当あがることだろう。

SOUNDLINK REVOLVE+を実際に試したグループに感想を聞いてみたら・・・・
“本格的な重低音と迫力に正直驚き”

画像1: SOUNDLINK REVOLVE+を実際に試したグループに感想を聞いてみたら・・・・ “本格的な重低音と迫力に正直驚き”

そこで、キャンプ中の会場でも一際盛り上がったグループを見つけた我々はREVOLVE+を実際に使ってみた感想を伺うことにした。

画像2: SOUNDLINK REVOLVE+を実際に試したグループに感想を聞いてみたら・・・・ “本格的な重低音と迫力に正直驚き”

見た目のコンパクトさとは想像を超えるパワフルな音を実感

画像: 見た目のコンパクトさとは想像を超えるパワフルな音を実感

男性A:
「僕のなかではBOSEのポータブルって重低音が効いているイメージが強いです。この製品で音を聴いてみて、“これがBluetoothスピーカーの最高峰だ”と思いました。キャンプ場だと低音はもちろん、高音までしっかりと響いてきますね。」

男性B:
「カラーバリエーションもブラックとシルバーとまたシックでいいですよね。インテリアに合わせやすいデザインだと思います。大人になると良い製品を長く使いたくなるのでこういったシンプルなデザインにも惹かれます。特徴的な形状がおしゃれなので、これを持ってたら注目を浴びれそうですよね(笑)」

長時間使えるありがたさ

男性C:
「キャンプ場ではコンセントがない場合もあるのでサウンドスピーカーを使う時ってどうしてもバッテリーを気にしがちですが、連続再生時間が長いのは(最大16時間)大きなポイントだと思います。半日以上持つので流しっぱなしでも気にする心配がないのもいいですよね。」

スピーカーの電源をオンにすると、スピーカーが自動的にモバイル機器を検索してくれる。

手軽でとにかく持ち運びが便利

女性:
「スピーカーにハンドルが付いているのって珍しいですよね。こういうちょっとした気配りがBOSEさんの心遣いを感じます(笑)操作ボタンを触った感触もとてもソフトで、丸みのあるフォルムもすごくかわいい。男女問わず使えるデザインだと思います。」

画像: 手軽でとにかく持ち運びが便利

「防滴機能があるのも嬉しいです。音楽とリラックスした時間も大事にしたいので半身浴や料理をしながら使いたいと思います。」

動画配信にも使えそう

画像: 幅105mm、高さ184mm、奥行き105mm、重さ0.9kg。

幅105mm、高さ184mm、奥行き105mm、重さ0.9kg。

「最近は家で動画配信もやっているので、ダンスのライブ配信をするときは必ず音楽を流すのですが、いま持っているスピーカーは設置する場所によっては音が偏って聴こえてしまうのが悩みだったんです。でも、このREVOLVE+なら360°均等に音楽が流せるのでこの悩みはすぐに解消できますね!」

画像: 動画配信にも使えそう

さて、室内利用ではどのように満足させてくれるのか。

REVOLVE+がアウトドアで間違いなく実力を発揮することは、今回のイベントでしっかりと証明された。ヘッドホンで閉鎖された音を聴くのではなく開放的に音楽を楽しみたい、という方にはまさにおすすめしたい製品だ。

ところで、当ロレンス編集部では、実はオフィス内でBluetoothスピーカーを一日中音楽をかけっぱなしにしている。我々がもしこのREVOLVE+を手に入れたなら、まずはオフィスの中、室内で使ってみる、という利用シーンが容易に思いつくのだ。

オフィスをおしゃれなムードにしてくれるアクセント!

REVOLVE+、その大きすぎないサイズ感と、高いデザイン性がオフィスの内観をググッと引き立てそうだし、2台置けばステレオモードで毎日最高のサウンドを楽しめそう。あるいは、オフィスの中と、(お客様をお迎えする)待合スペースに一台ずつ置いて、パーティモードで同じ音楽を流すというのもかなり良さそう!

REVOLVE+を使ってワンランク上の誕生日会をプロデュースしよう!

オフィス内での使い勝手の良さはかなり容易に想像つくが、週末には1台借りて、自宅で使用しても良いかもしれない。パーティモードかステレオモードで楽しみたいのは山々だけど、それほど広くもない部屋で楽しむならREVOLVE+1台で“音質”も“音量”も充分すぎるだろう。

とはいえ、優れモノのREVOLVE+、せっかくならその機能をフルに使いたくなるのが人情、というもの。どんなシチュエーションなら、REVOLVE+の良さを最大限に引き出せる?

そこで我々は考えた。
たとえば親しい友人の誕生日会でも開けば、REVOLVE+の良さを最大限に活用することになるのでは?、と。
REVOLVE+なら、これまでの誕生日の祝い方に加えて、生涯忘れられないほどのインパクトを主賓の友人に与えられるのではないだろうか?

画像1: REVOLVE+を使ってワンランク上の誕生日会をプロデュースしよう!

例えば彼(彼女)が好きなアーティストや音楽を事前にチェックして、自身のスマートフォンにさえ入れておけば、当日はその中から選曲して音楽を自由自在に流すことができる。しかも普段は体験できない本格的な音で聴けるのだから、彼(彼女)のボルテージもグイグイ上がるだろう。

さらにメインを飾るケーキを出すタイミングこそ、REVOLVE+最大の出番だ。

前半にも少しだけご紹介したがREVOLVE+にはマイクがついており、Bluetoothでスマホと本体とを接続すれば、Siriをはじめ、VPAの操作もスマートフォンを使わず音声入力で操作することができる。「そんなこともできるの!?」と驚く彼(彼女)の前に、とっておきのケーキを運べば、空間はさらに笑顔いっぱいになることうけあいだ。

これだけでも十分彼(彼女)を楽しませられたと思うが、REVOLVE+の良さを体感してもらうのはまだまだこれから。
スマホと本体が繋がっている状態であれば、REVOLVE+を使って通話も可能。だから会場には来れなかった友人からの電話メッセージをREVOLVE+から受け取ってもらえれば、彼(彼女)はもちろん、その場にいる全員が、まるで同じ空間をシェアしているかのような臨場感で会話ができるのだ。

画像2: REVOLVE+を使ってワンランク上の誕生日会をプロデュースしよう!

このクールなスピーカーが一台あれば、最後まで全員の笑い声と音楽のサウンドは鳴り止むことない。REVOLVE+が最高のパーティの完成に一役買ってくれるということがわかってもらえただろうか?

BOSE(ボーズ)最高峰のポータブルBluetoothスピーカー、SOUNDLINK REVOLVE+は、音楽を楽しむだけでなく、我々のライフスタイルに素敵なアクセントを与えてくれる。音楽好きなら、音にこだわるなら、手元にひとつ。いや、できれば二つ置いておきたい。そう思える製品だ。

画像3: REVOLVE+を使ってワンランク上の誕生日会をプロデュースしよう!
画像: この夏は、REVOLVE+持って出かけよう | SOUNDLINK REVOLVE+ BLUETOOTH SPEAKER (2 min) youtu.be

この夏は、REVOLVE+持って出かけよう | SOUNDLINK REVOLVE+ BLUETOOTH SPEAKER (2 min)

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.